短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ごめん

サーバーエラー?で投稿できてるかわからないですね(・д・)

今日は彼女が家に遊びに来る。

「もうすぐ着くよ( ̄▽ ̄〃)」

「りょうかいφ(o°C_`o)ゞ 」

少ししてメールが着た。

知らないアドだ。

「私メリーさん。今あなたの部屋の前にいるわ。」

疑いもしなかった。

ほんとかわいいやつだ。

こんないたずらを仕掛けてくるとは。

にやにやしながら俺は勢いよくドアを開けた。

「やあ、メリーさん〜。」

しかし、俺の眼に入ったのはマイスイートハニーではなかった。

黒い帽子に、黒いワンピース、手には何が入ってるのか想像も付かない鞄。

絵に書いたようなホラー。

異様な空気を放ちながらそいつは俺の部屋に入ろうとしてきた。

閉めたよ。でも遅かった。

ドアに鞄を挟んで、

少しでも力を抜けばやられる。

必死だった。

彼女のことを忘れるくらい…

どれくらい時間が経過したかわからない。

とうとう力を抜いてしまった。

しかし、ドアの前には誰もいなかった。

俺はほっとして携帯を見たんだ。

「たすけて」

彼女からの最後のメールだった。

怖い話投稿:ホラーテラー なお(初さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ