おかあさんのこどもじゃないの

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

おかあさんのこどもじゃないの

うちの母が、私が高校生の時に流産した。

年齢的にギリギリだったこともあり、家族全員でサポートしたが、お腹の中で死んでしまった。

それから暫くして、母は夢を見たそうだ。

まだ一歳くらいの小さな女の子が、覚束無い足取りで母に寄り添ってくる。

子供の顔は見分けがつかないものだが、何となくどこかであったような気がした。

女の子はしきりに母の足元にすり寄るものの、抱っこをしようと屈んで手を伸ばすと、逃げてしまう。

そんなやり取りが何度か続いた。

母は不思議に思って尋ねた。

「どうかしたの?」

その子は、しゃべり始めたたどたどしい口調で、だがはっきりと答えた。

「あのね、わたしおかあさんのこどもじゃ、ないの。」

母は泣きながら目が覚めた。

それから一年ほど経った頃、母の勤め先の店に、ある親子が来た。

子供連れなど珍しくも何ともないのだが、何となく気になってその親子を見ていた。

両親と、一歳くらいの女の子。

幸せそうなごく普通の親子。

女の子を見た瞬間、母はデジャヴを感じた。

テーブルに座ったまま、じっとこちらを見つめる女の子は、母の夢に出てきた女の子にそっくりだった。

子供の顔は区別がつかないものだが、はっきり「あの子」だと分かったらしい。

紛れもない「あの子」だと分かった母親は、いてもたってもいられず、親子が座るテーブルに近寄った。

「可愛い子ですね。名前は何ていうんですか?」

頭を撫でると、女の子はじーっと母を見つめた後、笑った。

そんな筈はない、ただの夢だと思いつつも、

「幸せな家に生まれ変わったんだ、よかった」という思いを禁じ得ず、

厨房の隅で涙が止まらなかったそうだ。

母が流産したのを知って、慰めの言葉をかけてくれる人もいた。

「もう上に二人(私と妹)いるからいいじゃない」

母は私を出産する時も危ない状態だったらしく、

「たとえこの子がダメでも、まだ若いんだから、これからまた作ればいいじゃない」

とよく言われたそうだ

そういう問題じゃ、ないんです。

怖い話投稿:ホラーテラー ローレライさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ