短編2
  • 表示切替
  • 使い方

アイシャドウ

わたしは怖い話を読むのが好きだ。しかし同時に極度のビビりなので、絶対に夜には読まない。昼間か、もしくは最低でも夕方まで、と決めている。

その日も、ホラテラを読んでいた。

梅雨明けして外は晴天、部屋の中も明るい。これなら大丈夫だろうという根拠の無い安心感のもと、一作、また一作と読み進めていく。

(次はこれを読もう)

作品のリンクを選択した。携帯だからデータ読み込みが遅く、まずは現れる黒い背景。

に、目が見える。

しかしこれはもう見慣れた、画面を覗きこむ、わたし自身の目。

マスカラと薄いグリーンのシャドウでキメた目が、まっすぐに画面を、通してはわたしを見つめている。

――アイシャドウ?

違和感に、スッと背中が冷える。

今、わたしはスッピンだ。

マスカラもアイシャドウもつけていない、

(じゃあこの目は誰の――)

固まるわたしの視線の先画面の中で、

誰かの目がゆっくりと、

まばたきをした。

即座に携帯を放り投げてしばらくしてから確認した時は、何も異変はありませんでした。

それから2日は怖くてホラテラ見に行けませんでしたが、三日坊主よろしく現在ではまたこうして見て回ってます(^O^三^O^三^O^)

あれ以来、黒い背景にうつる目には焦点をあわせないようにしています。

たいして怖くない話でお恥ずかしい限りですが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー りんりさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ