短編2
  • 表示切替
  • 使い方

廃ホテル

去年夏男3人、女3人でバーベキューを楽しんでいました。

話しも盛り上がっていて、すごく楽しかったのですが、話しが段々それて怖い話しえと変わっていきました。女の子の1人が突然○ー○○○○ホテルに行こうと言いだし、その時わ皆若い、やんちゃとゆー事もあり拒否する者わいなかった。深夜1時くらいだったでしょうか…暗闇の中にうっすらと建物の影が浮かび上がった。見るからにヤバい…このホテルでわ昔プールで子供が溺れ死亡、火災で数人の客がなくなっていると言う。懐中電灯をつけいざ潜入!すると、外わ暑いのに中に一歩入るだけで寒気がし、全身鳥肌だらけ。

そのまま地下にあるプールを目指した。すると突然女の子の1人がキャーっと叫んだ、残りの5人わその叫び声にビックリし、呆然とする。どーした?と聞くと…びしょ濡れの女の子が笑いながら俺たちに一緒に泳ごうと手招きしてると言う。それを聞いた瞬間彼女の手をギュッと握りしめ出口えと向かったのだがパニックになり出口を通りすぎ上えと向かった、すると上の階わほとんどが真っ黒に焼けていた。これが火災の跡だ。未だに女の子わ体わ震え、ちょっと大きめな声で奇声を発している…

皆落ち着いてゆっくりでいいから出口に行こうと声を掛け合い出口えと向かった…その頃、ホテルの近くに喫茶店があるのですが、俺たちが乗ってきた車が二時間、三時間と置いてあるので不審に思ったのでしょう。警察に通報されていました。そんな事わ知らず何とか出口にたどり着きドアを開けると赤色灯をつけたパトカーが4台…はぁパクられたと思い警察の方に近寄って行くと…

男性三名、女性五名確保と無線で言ってた。

俺わすぐに感じた…

多分手を握ってた女の子が連れて来たと…

多分その話ししたらまたパニックになるから敢えて黙ってた。パトカーに載せられ警察署に連行され、事情聴取、みっちり絞られ、捕まる事わ免れたが、翌日…

手を握ってた彼女が橋の上から飛び降り自殺、遺体わまだ見つかっていない。

長文失礼致しました

一応自分が本当に体験した事です。

怖い話投稿:ホラーテラー ふみちゃん。さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ