短編2
  • 表示切替
  • 使い方

凶悪な十字架の呪い

家の中の隠れ箱を開けると十字架があった。

古ぼけているが、見るからに呪われそうな格好をしている十字架だった。

父親は言った。

「それは織田信長の怨念がこもる十字架だ」と…。

俺は友人Aと2人で船着き場まで行った。

遊覧船のフラワー号に乗り、隠れキシリタンの居る島へ。

昼に島へ着くと、村人達は陰気そうな顔をしていた。

人口100人位の小さい島。

まともな商店も娯楽も何もない。

彼らは毎日何をしているのか…。

友人Aは言った。

「あの神社が怪しいぞ」

俺たちは、調査もそこそこに神社目がけて突撃した。

神社の奥には電灯があり、その下には村人達があやしい儀式をしていた。

(隠れキシリタンの儀式…)

俺は直感的にそう思った。

Aはやぐらの上に上がり、村人をしずめた。

「この平成22年の現代、君たちはこのような事をしているのはおかしい」

すると、奥から村人のトップを牛耳っている村長が出てきて、納得した。

「友人Aのいうことはもっともだ。このような事はもうしないようにしよう」

聞くところによれば、20年も前に、ある学者がこの島へ島流しにあって

その時に消息不明になったということだった。

海の怒りを静めるために、海岸沿いに祠がいくつも作られたという。

彼らの儀式も、悪気があってやっているわけではないと解り安心した。

俺たちは隠れキシリタンの肖像を貰った。

この肖像に十字架を乗せれば、呪いが解ける。

父親がすぐに手をかざし、呪いを解除した。

「これで織田信長の怨念が消えたのだ。お前は救われたのだ…」と。

喜びながら、船に乗って自宅まで辿り着いた。

戦利品は多い。

家のドアを開けると、既に父親は事切れていた。

友人Aは言った。

「既に遅かったのだ…怨念は俺たちの手に負えない…」

天下分け目の関ヶ原で破れた信長は、その無念を十字架に秘め、

怨念だけが隠れキシリタンとなって生き残っていたのだ。

日本を統一できなかった無念。

俺と友人Aは、あまりの巨大な怨念に驚くばかりだった。

怖い話投稿:ホラーテラー ミルフィードさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ