短編2
  • 表示切替
  • 使い方

COな彼女

正直、最初は彼女に会いたくはなかった。周りも反対していたが、家族に半強制的に会わされた。

俺の彼女の第一印象は“馴れ馴れしい”だ。いろんな人がいる中で、彼女は誰に対しても温かく接していた。

A「彼女は素晴らしい女性だわ。あたしの話を真剣に聞いてくれる。そう、まるで母親の様に受け止めてくれるの!」

数日後、Aが死んだ。きっとAは殺されたんだ。仲間の死に胸が痛んだ。

彼女は人が減ってもなにも変わらなかった。俺は彼女に会うのが怖くなっていた。周りの評価は様々だ。

B「私が彼女が好きではありません。私は知っています。彼女がAを殺したんです。次に会うときは一言言ってやろうと思います」

数日後、Bが殺された。死体は見つからなかった。

俺は気づいていた。AもBもこの中の誰かに食われたんだ。まさか俺も食われる側か……。

AとBが死んだことで、彼女と接する機会が増えた。

俺は本物なのだろうか……それだけが不安だった。Cはいつにもまして無邪気だ。

C「僕はお姉ちゃんが好きだよ。一番僕たちを理解してくれてる。でもAもBも死んじゃったんだ。僕もいつか殺されちゃうのかな?」

数日後、Cが死んだ。Cには一番ツラい思いをさせた。俺は反省している。

彼女と会って数年が経った。俺の周りには誰もいなくなっていた。しかし寂しくはなかった。

彼女は全てを殺したが俺を生かしてくれた。俺は全てを力に変えて強く生きている。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ