短編1
  • 表示切替
  • 使い方

覚悟

叔母の親友が入院して、お見舞いに行きました。

自分も、小さい頃からとてもお世話になった方です。

叔母は足しげく見舞いに通ってましたが、自分はなかなか都合が合わず、その土曜日に

やっとお見舞いに行くことが出来ました。

自分はおばさんの病名も病状も聞かされてませんでした。

病室に入ると、おばさんの寝ているベッドの右横に叔母は座りました。

自分はその後ろに立ちました。

おばさんの頭の上の壁に、影が映っていました。

人型のような、人型じゃないような、黒い影。

立っている自分の影じゃないことは明らかで、叔母の影でもない。

六人部屋で、おばさんのご家族の方やらもいたけれど、光が当たる方向とは違う感じで、

黒い影があった。

嫌な感じがして、じっと睨んでた。

ベッドの上でおばさんが、

「帰って、早く帰って」

と何度も繰り返していた。

帰りの車の中で「お前が怖い顔してるから」と叔母に怒られた。

あれから、2日後。

次の週の月曜日に、おばさんは亡くなりました。

まだ40代前半でしたが、乳がんで、発見した時にはもう他に転移していたそうです。

もうダメだ、とは聞かされていたけれど、こんなに早い別れになるとは叔母も思ってい

なかったそうです。

自分はなんとなく、覚悟してました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ