短編2
  • 表示切替
  • 使い方

赤いマジックで殴り書き

私は某電気店に勤めています。

先日、エアコン故障の修理を依頼されて、近くの木造アパートに出張した時

修理機材を持ちながら2Fの廊下を歩いていたら、

こんな張り紙が何枚も赤いマジックで殴り書きされて、ドアにガムテープで貼られていました。

剥がした後も無数にあり、普段から張りまくられている感じでした。

(依頼したお客さんの部屋じゃないですが)

■■■■■■■■

上の階に住んでいる気遣いの出来ない愚かな家族

全員が肉体と精神を治療不能なほど病んでしまえ

特に♀餓鬼よ...お前は女として人として生きられずこの世から消えていけ

悪意を持ってドスドスと歩いたり飛び跳ねたり、物を落としたりして騒音をまき散らす貴様のような餓鬼は消え失せろ

上の部屋を使う奴は静かに歩け!戸の開け閉めは静かにしろ!物を故意に何度も落とすな!

うるさい!!!

世帯主の男が失業して貧困になれ

このアパートから出て行け

人並みの幸福を味わうな

全ての人からの信用を失い苦しみを味わい一家離散して破滅へと進んで逝け

そして隣の部屋の馬鹿家族

壁をどつくな五月蠅い

迷惑考えろ

貴様達家族も全ての人からの信用を失え

アパートの周りを奇声を発しながら遊ぶクソ餓鬼どもよ

貴様らは人としての信用を失い、誰からも愛情を受けることなく、憎悪・軽蔑の対象としてうちひしがれて生きていけ

■■■■■■■■

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ