短編1
  • 表示切替
  • 使い方

遺品(日記)

妹が死んだ。事故だった。

お通夜と葬式が済んで、妹の遺品を整理していた時

妹の日記が、出てきた。

内容はこうだった。

12月9日

今日、初めて日記を書く

此所は凄く田舎だ。恐ろしいほど何も無い、つまらない…。

等、住んでいる場所に対する文句や愚痴でした…途中までは。

5月4日

今日の昼間あの人を見かけた。……なんで?なんでいるの?人違いも考えた。でも、違った。どっからどう見ても、あの人だ。何故?…どうしよう。

中略

7月10日

どんどん、あの人が距離を詰めて来る。香緒里(仮名)が失敗したんだ。あの女、死ねばいいのに。

中略

8月2日

香緒里が死んだ。自業自得、ざまあみろ!…でも、私も…私も、もう駄目かも知れないあの人がそこまで来ている。家の中に居るのに誰も気が付かない。お姉ちゃん、お母さん、お父さん誰も気が付かない。あんなにも近づいているのに。どうして!?…このままじゃ殺られるその前に、町田さん(仮名)に逢いに行かなければ。助けて呉れるだろうか?それとも、拒まれるだろうか。耀子(仮名)みたいに…。

…この日記の日付の2日後、妹は死んだ。隣町に行った帰りに車が突っ込んで来て、ほぼ即死だったそうだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1550
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ