中編2
  • 表示切替
  • 使い方

コピペですが、

先月、高校時代の友人がポックリ病で逝ってしまい、通夜の席で十数年ぶりに 集まった同級生の、誰からともなく

「そのうち皆で呑もうなんていってるうちに、 もう3人も死んじまった。本気で来月あたり集まって呑もうよ」

という話になった。

言い出しっぺのAという男が幹事になって話しは進行中だが、なかなか全員(男5、女3)のスケジュール調整がつかない。今年の夏はくそ暑いし、9月に入ってからにしようかと、幹事のAと今昼飯を いっしょに食べながら話し合った。

そのときビールなんか呑んだのが、間違いだった。

Aが、ふと言わなくてもいいことをつい口に出し、おれは酔った勢いで、それに突っ込んだ。

それは先月死んだ友人に先立つこと十年、学生時代に死んだBとCのカップルのことだった。十年前AはB(男)の家(一人暮らしのアパート)で、Cと三人で酒を呑んだ。

直後、BCは交通事故で死亡。

Bの酔っ払い運転による事故という惨事だった。Aはその事故の第一発見者でもある。

おれは、2ちゃんねるのことをAに説明し、事故の第一発見者のスレッドに書き込めと、悪趣味な提案をしたのだ。

すると、Aはたちまちにして顔面蒼白となり「冗談じゃない!」と本気で怒り出した。

おれは、いささか鼻白み「むきになんなよ」と言い返したが、Aの怒りは収まらず「じゃあ、あのときの話を聞かせてやるが、後悔するなよ」と言って、恐ろしい早口で話し出したのだ。

Aのはなし

おれ(A)がBCと呑んでいたとき、D先輩がいきなりBのアパートを訪ねてきた。

顔面真っ青で、突然「おまえ等、裏返しの話を知ってるか」と話し出した。

そのときおれは、酒を買い足しにいこうとしたときだった。

Dさんが止める様子もないので、缶酎ハイを買いに出て、十五分ばかり中座した。

部屋に戻ると、Dさんは大分くつろいだ様子で、おれが買ってきた酎ハイを喉を鳴らして一気に呑んだ。

「なんの話だったんですか?」

「だから裏返しだよ」

「裏返し?」

「裏返しになって死んだ死体見たことあるか?」

「・・・いいえ。なんですか、それ?」

「靴下みたいに、一瞬にして裏返しになって死ぬんだよ」

「まさか。なんで、そんなことになるんですか?」

先輩は、くっくと喉を鳴らして笑った。

「この話を聞いて、二時間以内に、他の人間にこの話をしないと、そういう目にあうんだ」

「不幸の手紙ですか?」

おれは本気にしたわけではないが、聞き返した。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ