中編2
  • 表示切替
  • 使い方

熱帯夜の幽霊…

真夏の熱帯夜にまぎれて夜逃げ同然に引っ越し…

幽霊が出ようが出まいが、とにかく安く、債権者に見つかりにくい部屋を探してもらったんだ…

実際に家賃はタダ同然、トイレは今時ボットンだし、階下の住人のテレビの音まで聞こえる部屋。

場所が特定されると困るので詳しくは書かないけど、都内23区内で家賃は1万5千円。この辺の駐車場相場が3万円くらいらしい。

これからはここに親子3人、息をひそめて暮らすんだ…。

そのアパートでの最初の晩…

この熱帯夜にも関わらず、当然クーラーはなし。ぼろい扇風機がカラン、カランと力なくまわっている。

気にしないように努めていても便所から漂ってくる悪臭。

いったいどんなヤツが暮らしてたんだ、こんな部屋?

人として最下層に墜ちてしまったんだなぁ。

暑くて寝付けないので、夜中までそんな事を考えていた……

そのうち、呻くような声が聞こえてきたんだ。

「タスケテ! タスケテヨ!」

耳を澄まさないと聞こえない程度の声だが、女の声で…

「タスケテ! タスケテヨ!」

確かに聞こえる。

隣人の寝言かなんかかと思ったが、あきらかに部屋の中っぽい…

家内の様子を見ると、明らかに寝ている。

息子も寝苦しそうにしてはいるものの間違いなく寝ているようだ。

部屋の隅に黒っぽい影のようなものが蠢いているのが見える…

ところが、どうやらその晩はそのまま寝てしまったらしい。

引っ越したばかりで気がたかぶっているんだ…と思うことにした。

身体がやけにだるかったが、きっと扇風機が直撃していたからなんだろう…

ところがその晩…

「助けろよ!!」

今度は、ドスの聞いた男の声だ…

「助けろよ!! 助けろよ!!」

昨日よりハッキリ聞こえる。

もちろんこの部屋の中だ。

その晩は家内もガバッと飛び起きた。

目を丸くしてオレを見ている…

「アナタ、どうかしたのっ!?」

なにが…?

「助けろよ~っ!!」

自分自身、信じがたいことだが、その声はオレの口から発せられていた。

ちなみにオレの普段の声は男にしては高音、ドスなんかきいてない。

後で家内に聞いた話しでは、汗まみれで涙をダラダラ流していたらしい。

俺自身、意識はあるのに口が勝手に動いているみたいな感じなんだ。

しかも昨晩なんか女の声だぜ?

でも今思い返してみると、自分の意志と関係なく口だけは動いていたような…

昨日見えた部屋の隅の黒っぽい影は、今ではハッキリ人に見える。

男と女が目を剥きだして、オレ達家族をを覗きこんでいる……

あきらかにヤバい部屋だが、

引っ越すことも出来ずに毎晩怯えているだけだ………

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ