短編1
  • 表示切替
  • 使い方

あれは??

小さい頃に父の実家である栃木の田舎に家族で、よく訪れました。

そこには、山あり雑木林ありと幼心にワクワクするような場所でした。

滞在中は、朝早くから起きて探索していました。

その日も早くから起きて、探索していると小さな沼がありました。

近ずくと、緑色の物体が浮いています。

好奇心から右手で木を掴んで、沼に落ちないように踏ん張り左手で、それを触りました。

その瞬間に左手に電気が走るような感覚が来ました。

その物体は、沼の底に沈んで行きましたが…。

その物体は、河童じゃなかったかな?と思います。河童を触った左手は、いわくつきの場所等に行くと、鳥肌が立ち何かを教えてくれます。河童の妖力が左手に宿っているねでは?

ちなみに父の田舎は、河童の伝説が残っています。ここ10年は、田舎に行ってませんが行く事があればまた、その沼に行ってみたいと思います。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ