短編2
  • 表示切替
  • 使い方

兄ちゃんの部屋にて…

※実話である

オレには21歳の兄ちゃんがいる。

Fランに通う若干オタである。(見た目も若干オタ)

兄ちゃんはたまにエロDVDを買ってくるので、オレは部屋に隠してあるDVDを探して、こっそりおかずに使わしてもらうことが多々あった。

兄ちゃんの趣味は女子高生ものやアニメが多い。

オレはアニメには興味がないので、いつもお目当ては女子高生ものであった。

昔、ホモっぽいのがあったが友達への(ネタの)プレゼントらしかった。

そしてある日のことであった。その日はやけに蒸し暑い7月下旬であった。

兄ちゃんの部屋は1階であり(オレの家は一軒家)誰かが帰ってくるとすぐ音で分かるので、兄ちゃんの部屋にいることをバレずにすぐ脱出できるので便利だ。

兄ちゃんがいないのを見計らって兄ちゃんの部屋に入る。

窓を閉めきっているため暑い。

取りあえず窓を開けると蝉の声が響く。

「ミーン、ミンミンミーン」

少しうるさかったが気にせず隠されたDVDを探す。

すると、いつもと何やら異なるものがあった。机の下の奥のスペースに黒い紙袋があるのを見つけた。

明らかに怪しく、その部屋の中で異彩を放っていた。

昨日はなかった。

何だろ…

うなだれるような暑さの中、興奮と苛立ちが入り交じって、すぐにその黒い紙袋を手元に寄越す。

中をみると、3点のものが確認できた。

DVD、小さな段ボール箱、コンパクトなプラスチックの箱であった。

箱にはローションでも入っているのだろう。

以前にも段ボール箱を見つけた事があって、その中身はローションとオナホールであった。

オレは性欲が沸いていたため、すぐそのDVDを兄ちゃんの部屋のテレビで見ようとした。(PS2を使って)

しかし暑い…

さらなる大合唱を続ける蝉にうんざりしながら、再生されるのを待つ。

なんかウトウトしてきたが、それもすぐに止んだ。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名ちゃんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
55600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ