兄ちゃんの部屋にて…続き

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

兄ちゃんの部屋にて…続き

続き

テレビに映ったのは、薄暗い個室。その個室には二人の男女がいた。女は少し年増だ。

がっかりだ。

でもそのがっかりも性欲にねじ伏せられ、これでオナニーしようと思った。

あれ?

見ていると、SMものであるのに気付く。

しかも男がM。これには性欲も失せる。

!!

見ていると、女が男に尻に液体の入った大きな注射器をぶっさしていた。

気持ちわるっ…これも友達へのプレゼントだろうな。

そう思ってみるのを辞めて、先ほどの段ボール箱とプラスチックの箱に目を戻す。

もう開封済みなようで、開けてみる。

段ボール箱の中には…

成人男性用、紙おむつ50枚入り

何これ…?兄ちゃんは最近尿漏れでもするのか?おむつが一枚減っている。

そしてプラスチックの箱の中を開けてみる。何やら見たことのあるものがそこにはあった。

真っ赤な液体の入った大きな注射器

「ミーンミンミンミーン」

蝉の声だけが音を発するのを許されていた。兄ちゃんの性癖を知ってしまい、オレは放心状態であった。

しかしやがてハッとし、黒い紙袋をぶちまけ、DVDを再生しっぱなしの事態を再確認した。

これはバレるとマズいな…兄ちゃんはまだ帰って来てない…

そう思い元に直そうと取り掛かろうとしたが、無駄であることに気付いた。

窓の外から兄ちゃんがこっちを見ていた

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名ちゃんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3000
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ