短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ネエ…ネエ…

私が小学生の時の話です。

私たち家族はいつも、川の字に布団を敷いて、母、私、兄の順で寝ていました。

ある寝苦しい夏の夜、みんなが寝静まった頃、私はある声で目を覚ましました。

「ネエ…ネエ…」

私はテレビを点けっぱなしで寝てしまったと思い確認しましたが、テレビは消えていました。

「ネエ…ねェ…ねえ」

声はだんだん大きくなっていきます。

私は怖くなって隣で寝ている母を起こしましたが、いつもはすぐに起きる母がいくら起こしても起きません。

「ねぇ…ねえ!ねえ!ねえ!ねえ!ねえ!ねえ!ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ!」

怖さのあまり、寝ぼけていた頭が完全に覚めました。

そこで全てを理解しました。

私が起こしていたのは兄で(寝たらいくら起こしても目覚めません)声の正体は母のイビキだったのです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ