短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ジジイ

私はリビングでのんきに漫画本を読んでいた。

ふと窓の外を見る。

『やだっ!変なジジイが家覗いてるよ~』

私はお母さんに

「変質者が覗いてるんだけど!」

「ぇえ!どこよ!」

お母さんがキッチンから小走りしてきた。

私はあごで窓の外を指した。

しかしお母さんは

「なんだ、あの人は隣の人よ。」

「そうなの?でもキモい・・・」

お母さんの笑い声がリビングに響く。

「しょうがないでしょ?若いんだから。きっとあなたに興味あるのかも!」

「ちょっと冗談やめてよ!・・・えっ、若い?」

「そうよ?知らないの?隣の○○君よ?」

「そいつは知ってるよ!ジジイよ!ジジイ!」

お母さんは食器をカチャカチャさせながら言った。

「えっ?そんな人いないわよ?」

私は再び窓の外をみた。

おじいさんはニコニコしてこっちを見ている。

『どこかで見たことあるなぁ~』

「お母さん、家にひいおじいちゃんといたっけ?」

「えっ?いないわよ?」

『じゃ誰なのよ・・・』

私はなるべく窓の外を見ないよう漫画本に眼を落した。私は後ろからトントンと肩を叩かれた。

「もう!お母さん!やめ・・・て・・?」

窓の外にいたジジイが真後ろでニタニタしながら私を見ていた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ