短編1
  • 表示切替
  • 使い方

自殺病院ラスト

病院に帰ってから、俺は先生とはあまり話さないようになった。カウンセリング中、黙る俺に困った表情をする。

代わりに看護婦と話すようになった。どうせ地獄に逝く前に、全てが知りたい。

「閻魔様が初めて死んだ人間って聞いた事があります」

「…」

「もしかしたら、生前とても嫌な目にその人は逢ったんじゃないですか?で、人間を恨んでる。貴方が言うように人はとても弱い…それをわかってて地獄を作ったんじゃないですか?全てこうなる事がわかってて」

「…」

むちゃくちゃだ。正直俺の憶測でしかない。バチ当たりでもどうせ地獄にもうすぐ逝く身…関係ない。ただ…看護婦はずっと黙っていた。

「地獄は、今俺がここに居るから信じます。でも、天国はないんじゃないですか?」

その途端、看護婦はなんとも言えないような笑みを浮かべた。

「…天国はありますよ」

俺は今、地獄の門の前にいる。自分で扉を開けて中に入った。簡単に開いた。

奇妙な場所だった。ぐちゃぐちゃになったかと思うと、また一瞬で元に戻る。さまざまな国の人たち、中には十二単を着た人や、教科書で見たようなヨーロッパの貴族も中にはいた。多くの人たちが苦しみ悶えていた。

足がすくむ…

いつか、何回も生まれ変わった両親、友人、知人もここに来るだろう。

…待ってる

怖い話投稿:ホラーテラー 携帯中毒さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ