短編2
  • 表示切替
  • 使い方

死神(♀)と黒ジャージ

そりゃあ良い事ばっかりして生きてきた訳じゃないです。

訳じゃないですけど、何も命を盗られるほどの罪は犯した覚えはないです。

駄菓子屋でお釣り誤魔化したとか、その程度です。

そんな比較的善良で一般人な僕は、某年X月X日の深夜、雪もちらつく真冬だというのに、ヒーターぶっ壊れたもんだから、仕方なく黒のアディ●スのジャージを羽織って勉強机に向かっていました。

“彼女”は現れました。

『理由は私にも分からない。でも、あなたは生きていてはいけない。だから、あなたは私が殺す』

中学生、見ようによっちゃ小学生ともとれる女の子が、漫画に出て来そうなでっかい鎌を持って、僕の布団の上に浮かんでいました。

なぜか……全裸でした。

しかし、突然出て来て「死ね」とは。

理不尽てのはこういうのを言うんでしょうよ。

とにかく、いきなりキラー宣言されても困りますし、ていうか殺される理由なんかないですし、そもそもあんた誰だよ!?

『答えることを許されていない。あなたは黙ってじっとしていればいい』

一体何なのだ、この死神娘(全裸)は。

てかさっきから聞いてれば、何か僕を殺したいらしいけど、流石に小学生に負ける気はせんぞ。

鎌持ってる手ぷるぷるしてるし。

全裸だし。

『心中覚悟で殺せと命じられた。あなたは絶対に殺す』

結局のところ、訳は分からないけど、僕は今夜この娘に殺されるそうです。

素手なら負けないでしょうが、心中とか言ってるので、きっと死神マジック的な必殺技があると見て、僕は諦めることにしました。

『潔いのは良いこと。最後に一つだけ自由を許す』

思いもよらない譲歩でした。

じゃあ見逃して!!と言おうとも思ったのですが、彼女の目からして、どうせ無理なのでしょう。

だから、僕は、黙って裸の死神娘の肩にアディ●ス黒ジャージをかけてやりました。

『……え』

ただ、目の前の女の子が寒そうにしていたから、そうしました。

そうしたら、急に彼女がそわそわし始めたのです。

表情が驚き、次に迷い、次に少し苦しそうな感じになって、最後にパァと明るくなりました。

彼女は含みのある笑顔で、

『……ごめんなさい。……ありがとう』

そう言って、消えてしまいました。

気がつくと、夜が明けていました。

怖い話投稿:ホラーテラー 彼女いない歴16年さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
24010
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ