短編2
  • 表示切替
  • 使い方

背を押したのは・・・

何年か前、土砂崩れに遭った。

趣味で何年も登山してるけど、あの時が初めての経験だ。

とは言っても、一人で登ったのは初めてだった。

それまではチャコって柴犬が一緒だったが、少し前に病気で死んだ。

土砂崩れの死者は出ず、負傷者も俺だけだった。

「足を挫いちまうとは、災難だったなあ。ま、命があってなによりだ。」

救助隊のおっさんはそう言った。

まったくそのとおりだ。

だって俺は死んでたはずだから。

土砂崩れが起きたとき、俺はその真下にいた。

当然、でかい岩も降ってくる。

その一つが、俺の真上から落ちてきた。

あー、こりゃ死んだなと思った。

怖くて動けなくて、ただぼうっと岩だけ見てた。

そしたら・・・

ドンッて、誰かが俺の背中を押したんだ。

すごい勢いで、俺は前のめりに転がった。

そのまま坂を転がり落ちて、いつの間にか土砂崩れの現場から離れてた。

救助隊に発見されるまで、俺はその場にうずくまってた。

あれは誰だったんだろう。

あの場には俺しかいなかったはずだ。

ぼんやり考えてると、さっきのおっさんが近づいてきた。

「これ、運んだとき俺の服にひっかかってたんだよ。あんたのだろ?」

そう言って渡されたのは、チャコの首輪だった。

持ってきた覚えはない。

ここにあるはずはないのに。

ここにいるはずはないのに・・・

俺は登山を続けている。

あれ以来ずっと、チャコの首輪をカバンに入れて。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15110
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ