短編1
  • 表示切替
  • 使い方

足殺ぎ地蔵

今でもハッキリ覚えています。

あれは、2005年7月2日のまだ涼しさが残る日だった。

私は当時高校三年で受験を控えていた。

その日はちょうどおじいさんの家に来ていた。

私は亡き先祖の墓参りを妹とするため、ちょっと離れたふもとに向かっていた。

すると、近所のおばさんが「ここは危ないから来てはいけないよ。」と言った。

その時はどうしてそんな事を言ったのか理解出来なかった。

おばさんの忠告を無視して進んでいくと、一体の気味悪い地蔵があった。

近づいて見てみると、(足殺ぎ地蔵)と書かれていた。

その地蔵は苔むしていて、誰も手入れをしていないようでした。

墓参りも終わり、帰る途中妹が突然苦しみはじめたので急いで救急車を呼びました。

10分いや、20分経っても救急車が来なくて、

ハァハァグギギグギギグギギグギギグギギグギギグギギ

おどりゃ糞森

因数分解

妹死んだ

ギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャー

金色足殺ぎ地蔵

小笠原べんぜん

結果戦争で亡くなった霊のようだ

っていう夢をみた

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ