短編2
  • 表示切替
  • 使い方

取り憑かれた女2

続きです。

彼女が病院に行ったあと、私は彼女の母親に会いに行きました。

彼女は、とあるアパートの一室に住んでいました。

大家さんに事情を話、立ち会いのもと鍵を開けてもらいました。

中に入るとお香のような匂いがしました。

光が入らないように、全ての窓にカーテンが引かれていたので、昼間でしたが部屋の中は薄暗かったです。

そして、部屋の隅に彼女の母親が倒れていました。

顔は分からなくなる程ズタズタに切り裂かれ、全身のあらゆるところから中綿が見えていました。

そう、それは体長70㎝くらいの人形。

彼女はそれを母親だと思い込み介護し続けていたのです。

彼女の実際の年齢は52歳。

3ヶ月前に現在のところに転居してきました。

我々は、名前と住所を聞けば、ある程度のことは調べられます。

もちろん、彼女が27歳だという話も始めから嘘であることは分かっていましたが、あまりにも完璧に作られた彼女の世界を表現するために、彼女の言ったことをそのまま書かせていただきました。

彼女の母親は、25年前に入院先の病院で自殺していました。

子供も事故で28年前に亡くなっていました。

旦那はもしかしたら生きているかもしれませんが、出所したあと離婚をしているため消息はわかりません。

これが真実です。

彼女は自身の世界に閉じ込め、各地を転々とし、当市にやって来たようです。

母親に多額の生命保険がかけられていて、働かなくても生きてこれたことが、彼女の世界を狭める原因になっていたようです。

彼女は今も病院で入院しています。

最近は、子供が生き返ったと言って喜んでいるそうです。

あまりにもショックなことが続くと人は事実をネジ負けてしまう。

霊的な怖い話はありませんが、私はこの時、言い表せないもどかしさと恐怖を感じていました。

彼女は、今後亡くなるまで自分の世界だけを信じて生きていくのでしょう。

もし、読んでくださった方々が不快にならないのであれば、また、こういったお話をしたいと思います。

ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 相談員さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1270
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ