亡くなった、男友達の父親の話

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

亡くなった、男友達の父親の話

 

男友達の父親(故人)の話です。

飲酒運転には厳しかった男友達の父親が、何故かその日だけは飲酒運転をしてしまった。

しかも、酒気帯びレベルではなく、ベロンベロン。

会社の車にて、泥酔運転中に交通事故。

対向車を走っていた二十歳の女性を巻き込み、父親も、二十歳の女性も亡くなりました。

父親の事故連絡がある直前の、夜9時頃…

男友達の母親は、父親(夫)を家の前で見掛けていました。

父親「○○の作業、無事終わりました!お疲れ様です!」

男友達の母親は、何事かと思って慌てて窓を開け、外を覗きました。

母親「え!?アンタ何言ってんの??早く家に入りな!!」

母親はそう言い返しましたが、家の前でビシッと言い放った父親は、そのまま走り去ってしまったそうです。

事故の連絡があったのは、父親が家の前を走り去って間も無く。なので母親は、夫の事故の連絡を始めは信じませんでした。

「さっき話したばかりなのに…」と。

父親が家の前に来た時間と、父親が臨終した時刻が、ほぼ同じらしいです。

不思議な事は、これだけではありません。

父親のお葬式の遺影の前で、家族写真を撮ったのですが…

真顔のはずの父親の遺影が、ニッコリと満面の笑みでした。

これは、男友達の家にあった遺影と、写真に写っていた遺影を見比べさせて貰ったので、顔の違いは実際に見ました。

(別の写真じゃ…)とも思いましたが、父親の死の話で、そんな嘘を付く理由もありません。

それと、毎年のお盆に、亡くなった父親が親しかった家族や親戚に、イタズラをしに行くのだそうです。

お盆の夜寝ている時、掛け布団をバタバタバタバタ…と、激しく叩いて去っていくそうです。男友達は、去年その悪戯に遭いました。

「うちの人、悪戯好きだったからねぇ。毎年一人、誰かのところに悪戯しに行くのさ」と、笑いながら母親は話していたそうです。

男友達も、いまだに不思議に思っているのが「飲酒運転」でした。

「自分にも他人にも、あんなに飲酒運転には厳しかったオヤジが、飲酒運転やらかして事故死だなんて…俺もいまだに理解出来ないんだよな」

何故、その日に限って飲酒運転してしまったのか。

仕事が終わってから、どこで飲んだのか。

誰かと一緒に飲んだのか、独りで飲んだのか。

この部分だけが凄く不自然らしく、いまだに引っかかっているそうです。

 

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ