短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ローラースケート

私はある夜、家の屋上で

2週間ほど前に父に買ってもらった紫色の

ローラースケート

で遊んでいました。

そして2時間ほど遊んでから部屋に戻り、私は寝ました。

夜中の1時くらいでしょうか。 

私は急に目が覚めました。と同時に、上のほうから

”ゴォー  ゴォー”

という音が聞こえたので私はおそるおそる奥上へ行ってみました。

すると、私が使っていた

ローラースケートがありませんでした。

私は盗まれたのかと思い、父に言おうとしましたが、辺りが暗くとても怖かったので明日にしようと思い、私はまた寝ることにしました。

翌朝、私は父に夜中のことを話す前に父に怒鳴られました。

「何でローラースケートを屋上に置かないで、玄関に、しかもバラバラの状態でおくんだ!

それにお父さんは紫色のローラースケートを買ったぞ!いたずらはよせ!」

そう言われローラースケートを見ると、そこには

紫色ではなく、

赤色に染まったローラースケートがありました。

また玄関をのぞくと

2本の小さな足が転がっていました・・・

怖い話投稿:ホラーテラー さとちゃんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ