短編1
  • 表示切替
  • 使い方

老夫婦

あるタクシードライバーの話

とある地方の田舎で、道路脇で手を上げていた、見た感じひ弱そうな初老の夫婦を拾って乗せた。

この地に移り住み、10数年タクシーを流してるが、初めて見る夫婦だなぁなんて思いながら、運転しつつその夫婦とたわいもない会話を交わしていた。

それから10分程たった頃だろうか。

ある交差点にさしかかり、信号に引っかかった。

田んぼや畑が広がり、所々民家が点在するのどかな田園地帯なのだが、一年前に痛ましい交通事故があったばかりの現場だったのだ。

そんな事を思い出していたら、いきなり

「ドカーーン!!」

と車体に凄い衝撃が

走った。

どうやら、かなり激しくお釜を掘られたようだった。

運転手は、何だか嫌な予感がして、客の夫婦の様子を伺った。

「お客さん!大丈夫ですかっ!?」

運転手は次の瞬間 ゾッとした。

バックミラーに旦那の方が写ってなかったのだ。

奥さんを見ると、通常ならばスカートから覗いてる筈の、膝から下がなかったのだ。

『ああ…ああ…ジーサンがいない…バーサンの足がない…ガクガクブルブル…』

恐怖のあまり硬直していたら、後ろのシートの隅の辺りから

「うぅ…うぅ…うぁぁ

怖い話投稿:ホラーテラー まさなさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ