短編2
  • 表示切替
  • 使い方

夏の思い出+*

ミーンミーンミーン…。

1995年7月8日

借り家のボロアパートの

202号室に僕はいた。

『あちぃ〜』

扇風機からはほとんど温風しか吹いてこない。

何気なくポストへと足を運び、リビングで郵便物を確認する。

[衝撃の9日が降臨する!!

全台大解放 明日開催

パチンコ○○○]

『ここいつもださねぇじゃんかよ!』

パチンコのチラシを丸めてごみ箱に投げる。

未納の電気代の徴収書

友人からの茶封筒

うどんの出前表

いつもと変わらな…

くない。

この封筒…

亮佑からだ。

ハサミで上部を切り、中身を取り出す。

*******

さかじへ

俺さ、お前に言ってなかったことがあったんだ。

昔、あの寺に数人で肝試しに行ったことあったよな。

あの時、お前だけ違う部屋にいたよな??

それ正解だったんだよ。

この手紙届いた時、まだ俺この世にいんのかな

他のみんなおかしくなっちまって、もう訳わかんねぇ

これ一応渡しとくよ。

じゃ今まで友達でいてくれてありがとうな!!!

PS・もし生きてたら頼むからこの手紙捨ててくれ(笑

*******

なんだよこれ??

封筒の中から

変な動物の角?みたいな物が入っていた。

二ヶ月前

亮佑に誘われて、廃墟の寺に肝試しに行った。

他に亮佑の高校の友達三人が来てたけど、俺は知らない奴だったから、特に絡まなかった。

『なんかすげーもの探そうぜ!!』

なんて亮佑が言い出すからみんな必死に色々と探索してた。

俺はひとりで別の部屋行って、探すの面倒臭かったからぼけ〜っとウロチョロしてた。

『うわぁ〜!!!!!』

誰の声か知らないけど、叫び声を聞いて一目散に寺からダッシュした。

-つづく

また書きますわ!

怖い話投稿:ホラーテラー 猿飛さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ