全身火傷〜紙一重の差2〜

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

全身火傷〜紙一重の差2〜

さきほどは、助かった患者様の話を書きました。

今回は助からずに亡くなった患者様の話。

全身火傷の患者は、決して多くはないが、冬場は他の季節に比べて増加する。

夏場のバーベキュー等の事故は、さほど重症ではないことが多い。

冬場の全身火傷、それはガソリンや灯油による自殺患者だ。

人間、寒いときに最期に暖まりたいものだろうか?

その理由は分からない。

火傷は、医学用語で『熱症』と言い、全身の何%が侵されているかで、だいたいの予後が決まり、その深さは軽い順に、Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度で示される。

例えば、『全身50%熱症、うち20%はⅢ度、残り30%はⅡ度』というように。

もちろんMAXは100%。

だが、実際にS医療センターで100%熱症を見た医療従事者はいなかった。

何故なら、

どんなに灯油を被って、

火をつけても、

必ず、

どこかは燃えずに、

残っていたから。

例えば、

頭から被った場合は、

足の裏だけ綺麗なまま亡くなっていたり、

というように。

だから、100%熱症患者は、私も見たことはない。

怖い話投稿:ホラーテラー 看護師Kさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
37600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ