中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ぼくのともだち

かなり読みづらいですが、小学生が書いた作文なんだと思いながら読んでください。

〇〇小学校二年二組〇〇健太。

今日はぼくのともだちのことをみんなに話したいと思います。

ぼくはぜんそくという病気で、いっぱい体をうごかすと息ができなくなってしまいます。

体がよわいから、なかなかみんなと仲よくなれなくて、みんなからイジメられていました。

毎日毎日みんなからイジメられて、どうしてぼくだけこんな目にあうの?っていつも思ってました。

ある日、いつものようにイジメられてドロだらけになってしまいました。

くやしくてくやしくて家に帰っても、ドロがついてたら、お母さんに心配かけちゃうし、近くの公園だとみんながきちゃうので、町外れにあるみんなには人気のない坂の上にある公園で、泥を落としてキレイにしてから帰ろうと思い、がんばって坂をのぼって公園にいきました。

息が苦しかったけど、お母さんにまほうの道具として持たされてる息をととのえる道具で苦しくなくなりました。

公園につくと、ブランコにぼくと同じくらいの男の子がいました。

ぼくと同じで一人なんだと思いつつ水道があるところへいき、服をぬいでドロを落としていました。

またくやしくなってきて落としながら泣いていると、「どうしたの?」とブランコにいた子が心配してくれて声をかけてくれて、いっしょにドロを落としてくれました。

ぼくはお母さんとお父さん以外にやさしくされたのは久しぶりだったのでまた泣いてしまいました。

男の子の名前は豊くんといい、ぼくがイジメられてともだちいないんだって思いきって話すと、豊くんは、

「ぼくがともだちになるよ!」

と言ってくれて、ぼくにはじめてのともだちができました。

それからぼくは学校がおわると毎日、坂は苦しかったけど公園に行って豊くんと毎日あそんでいました。

ある日、いつものように公園に行っても豊くんがいません。

豊くーん!て呼んでもどこにもいなくてまだきてないのかな?と思ったら、「健太!」とぼくの名前を呼ぶ声がしたのでふりむくと…

いつもぼくをイジメるミノル君たちでした。

毎日すぐ坂の上に行ってたし、後をつけられてぼくと豊くんだけのヒミツの公園がバレてしまいました。

またイジメられました。

ランドセルの中の物は公園中の草むらにバラバラに投げられ、お父さんに入学式の時に買ってもらった、ぼくの宝物のふで箱もふまれてこわされました…。

ぼくは何回もとばされてまたドロだらけになって、今までで一番泣きました…

お父さんになんて言えばいいかわからなかったから…

ミノルくんたちは笑いながら帰っていき、ぼくは1人泣いていました。

「健太…」

優しく呼ばれて顔をあげると豊くんでした。

豊くんもぼくの姿を見て悲しい顔をしていました。

豊くんに拾うの手伝ってもらって、ぼくはボロボロのふで箱をだきしめながら、豊くんとブランコに座りました。

「健太…健太をイジメるやつらキライだよな?」

豊くんが言いました。

ぼくは、

「ミノルくんたち…いつもぼくをイジメるからキライだし、ぼくが強ければやっつけたい…」

下を向いて泣きながら言いました。

「…ぼくが健太を守るよ。」

え?

びっくりしたけどうれしかったです。

「…もしかしたらもう健太と会えなくなっちゃうかもだけど…健太のほうがぼくは大事だよ。」

会えなくなるなんていやだ!

ぼくは豊くんに怒りました。

豊くんは優しく笑っていました。

その後、5時のアナウンスが鳴ったのでぼくたちは帰ることにしました。

帰り時、豊くんはなぜか悲しそうな顔していました。

お父さんに、ごめんなさいって言ったら、本当の事言えば許すって言われて、ミノルくん達の事を話したら優しく頭を撫でてくれて、明日新しいの買ってきてくれると言ってくれました。

嬉しいけど心配でした。

ぼくが布団にいると、お父さんとお母さんがミノルくん達の事を話していてお母さんが泣いていました…。

その日の夜、

豊くんが夢にでてきました。

豊くんは2人だけのヒミツの公園のブランコに座ってぼくにこういいました。

「健太…

ぼくはやってはいけない事をした。

それをしたらぼくは、

ぼくのお父さんとお母さんと一生会えなくなってしまう。

でもぼくは健太のほうが大事なんだ…

これからはぼくがいなくても、

がんばって生きてね…

健太は決して弱くないよ…」

豊くんを何度も呼びましたが豊くんはスーッと消えてしまいました。

次の日、学校に行って先生から言われました。

ミノルくんたちは、昨日の夜から行方不明だそうです…

ミノルくんたちが心配でしたが、ぼくは急いでヒミツの公園に行きました。

公園中探しましたが豊くんの姿はありません。

ブランコを見ると座る所に、

〔ばいばい〕

と書かれていました。

豊くんがミノルくんたちに何かをしたの?……

豊くん……

豊くんに会いたいです…

ぼくのともだちは豊くんだけなのに…

怖い話投稿:ホラーテラー Shadyさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
28300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ