短編2
  • 表示切替
  • 使い方

猫が憑いた場合

 母親に化けた猫を殺した話を聞いて、ある人がこんなことを言った。

 重大な物事を取り計らうときには、心を静め、あらゆる角度から考えた上で行わなければならない。というのが、猫が人に憑くということもあるようなのだ。

 駒込あたりに、ある同心と母親が住んでいた。

 息子の同心が昼寝をしていると、イワシ売りが表を通りかかった。母親が聞きつけて呼び込み、片手に銭を持って掛け合った。

「このイワシ残らず買うから、値段をまけなされ」

 しかし、イワシ売りは銭の高を見て、

「そればかりで残らず売るなんて、とんでもない。とてもじゃないが、まけるわけにいきませんぜ」

と嘲笑した。

 にわかに母親は激怒した。

「いいや、残らず買うのじゃ!」

とわめきざま顔面は猫となり、口は耳まで裂けて、振り上げた手の恐ろしさは言いようもなかった。

 イワシ売りは キャッ! と叫んで荷物を投げ捨て、一目散に逃げ去った。

 その物音に息子が目を覚まして振り向くと、母の姿はまったくもって猫である。

『さてはわが母、この畜生めに殺されたか。無念』と、枕もとの刀を取ってバッサリ斬り殺した。

 騒ぎを聞いて、近所の者が駆けつけた。

 見るに、斬られている死骸は猫ではなく、同心の母親に相違ない。

 そこへイワシ売りが荷物を取りに戻ってきた。この者も、

「あれは間違いなく猫だった」

と言うが、なにしろ死骸は顔面も四肢も母親に違いないので、やむをえず息子は自害したという。

 これは猫が憑いたという例らしい。軽率なことをしてはならないということだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 翁さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
24900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ