短編1
  • 表示切替
  • 使い方

これは私がスキューバを止めたきっかけになった出来事です。

その日

湾からボートで10分程の沖合いの海底で、派手な模様の石鯛の稚魚をボーっと眺めていると、

ボンベと心臓の鼓動しか聞こえないはずの海底で突然、男性の微かな声が聞こえてきました。

声は

基本的に無音のはずの海底で、

私の鼓膜でなく意識に直接訴えかけるような囁きで

「…するな。」

「…するな。」

「…するな。」

と呼びかけてきます。

私は半分パニックになりボートまで必死にもがきました。

初めは小さく聞き取りにくかった男の声ですが、

海面近くになると、

ほとんど叫び声の様にはっきり私の頭の中に

鳴り響いていました。

「息するな!」

「息するな!」

「息するな!」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4701
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ