短編2
  • 表示切替
  • 使い方

開けろーっ!

うだるような暑さの中、俺は何かの物音で目が覚めた。

時刻は、もう昼を回ったところか。

頭はまだボーッとしている。

完全に覚めきらぬ頭をゆっくり動かし、俺は物音の方に目をやる。

…そこで、一気に俺の目は見開かれた。

窓の外に、見たこともない男が顔を押し付けるようにして、俺を覗いていたのだ。

「…ぅお゙ぉーーお゙…!」

 お゙ぉおーーーぃ!!」

―ドンドン!ドンドン!

男は何か叫びながら、窓を叩いたり、無理矢理開けようとしている。

その恐ろしく歪んだ形相に、俺は恐怖で体が固まった。

―ドンドンドン!

―ガチャ!ガチャガチャ!

おいおい、お前誰だよ?

てか、そもそもそこから顔を覗かせるって、どんだけ背が高いんだよ?

俺が縦に2人並んだとしても、そんなとこ届かねーぞ?

そんことを妙に冷静に考えながら、体を動かそうとしたが…。

ああ…案の定、動かない。

手足だけは、かろうじて動くが、まるで何かで縛り付けられたように動けない。

声を出そうとした。

…出ない。

なぜか喉がカラカラで、しわがれたような掠れた声が、かろうじて絞り出せる程度だ。

これも、あいつの仕業か?

「ゔおぉおーーーーっ!!

 …開けろー!開けろー!」

男は、必死の形相で窓を叩いている。

―ドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!!

バカ野郎。

開けられる訳ないだろうが。

そんな悪態をつきながらも、おれの意識はまた飛びそうになっていた。

全身は汗でぐっしょり濡れている。

情けないが、こんなときに頭に浮かぶのは、母親の顔だ。

人間、いくつになっても最後は、母親に抱かれた記憶に戻るのかなー…。

激しく窓を叩く音を遠くに感じながら…俺は気を失った。

     ―――――――

「…あっ!やっと救急車が来た。

 おーい!こっちです!

 この車です!!」

「…可哀想に。

 こんな赤ちゃんを炎天下に駐車場に置き去りにするなんて…。

 あー…良かった…。

 まだかろうじて息はありますね。」

怖い話投稿:ホラーテラー 海星さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ