朽縄(くちなー)様【上】

中編5
  • 表示切替
  • 使い方

朽縄(くちなー)様【上】

田舎に住む祖父は、左手小指の第一関節の骨がありません。

つまむとグニャリと潰れて、どの角度にも自由に曲がります。

小さい頃は、それが不思議で

「キャー!じいちゃんすごい!

 なんで?なんで?」

と無邪気にはしゃいでいました。

祖父はニコニコしながら

「ありゃー!可愛い孫に、じいちゃん骨抜きじゃー。」

などと、冗談めかしてごまかしていましたが、私が小学校に上がるくらいのときに、その本当の理由を教えてくれました。

以下、祖父(正夫)の語り口です。

この村の山の上に古い神社があるだろう。

あれは、いわゆる御霊神社というやつなんだ。

御霊神社とは、謀反の疑いなどをかけられ殺された実在の人物が祀られているもので(太宰府天満宮などもそれにあたる。)、【御霊信仰】のもとは【怨霊信仰】とも言われている。

つまり、その人物が祟り神にならないように鎮めるための神社だな。

この村で祀られている神様の名前は、○○(忘れましたが、何とか磨呂?みたいな長い名前)と言うが、わしら年寄りの間では【朽縄(くちなー)様】と呼ばれている。

朽縄様は、蛇や女の姿に化けて村に下りてくることもあるという。

そのためこの村では、蛇は神様の化身として畏れられ、決して殺してはいけないとされていた。

また、朽縄様は骨を司る神様として崇められており、妊婦や小さな子連れで参拝すると、子が丈夫な体に育つと言われていた。

しかし困ったことに朽縄様は大層、荒々しい性格をしている。

昔、村でも悪評高い放蕩息子が、自分に素っ気ない態度をした娘の家に嫌がらせをした。

それが何とも質の悪い嫌がらせで、蛇を生きたまま枝に串刺しにし、娘の家の畑に並べて差したらしい。

娘の家族は、顔を真っ青にし、

「なんと…罰当たりなことを…。」

と震えながら、血の海で息を引き取った蛇の亡骸を、庭に手厚く葬った。

数日後、男に罰が下った。

全身の骨という骨がギシギシ痛みだし、三日三晩、寝床で悶絶した。

「痛い、痛い!

 骨が焼ける!」

と訳の分からない言葉を叫び苦しむ男を、両親は必死に看病した。

男の体は、なるほど確かに全身の骨が溶けたかのようにぐにゃぐにゃに変形し、頭も腕も自力で持ち上げられない状態だった。

医者も

「こんな奇病は見たことがない。

本当に祟りかもしれません。」

と頭を抱える中、4日目になって男が忽然と姿を消した。

一人で起き上がることなんて到底不可能な状態のため、両親は不思議に思いながらも近くの野山を探した。

件の娘の家の畑で、ソレを見つけた。

息子の形をした奇妙な物体。

ぐにゃぐにゃと手足をあり得ない方向に曲げ、遠くから見ると踊っているようにも見える。

ひたすら、ぐにゃぐにゃ蠢いている息子のようなモノに恐る恐る両親は近づいた。

息子の顔は、目鼻などのパーツが全く重力に逆らえずしわしわになって垂れ下がっていた。

垂れた目や口のせいか、その表情は哀しげな、泣いているようなものだったという。

そしてその姿を見た両親も、ついに頭がおかしくなってしまった。

(有名な【くねくね】と似ていますが、同一かは分かりません。

ちなみに祖父の田舎では、この現象を「蛇化(じゃんげ・俗語ではカカシ)」と言って、朽縄様の祟りとして畏れられ、やはり見てはいけないものと教わってきたそうです。)

…とまぁ、それくらい恐ろしい神様なのだが、なんとじいちゃんはその朽縄様に会ったことがあるんだ。

それは、わしが今のお前と同じくらいの歳のことだ。

その日、わしは友人の寛治と昼間2人で山に入り、蛇の脱け殻を探していた。

この地方ではたいそう縁起の良いものとして喜ばれ、大人に渡すと、たまに食べ物をくれることもあったからな。

脱け殻を探すのに夢中で、わしらは気づかぬ内に例の神社の鳥居のところまで来てしまった。

普段から「子供だけでは絶対に近寄ってはならん」ときつく言われていたところなのに。

正「寛治ー、もう鳥居のとこまで来てしもーたぞ。

 これ以上はまずかろう。」

寛「そうじゃのー。ぼちぼち引き返さねばのー。」

そんな会話をしていた矢先のことだ。

前から女が近づいてきた。

女は、村の女が着ているような野良着ではなく、白っぽい浴衣のような着物を着ていた。

わしは、(言い付けを破って怒られるのでは)と思って、寛治に耳打ちした。

正「やばいぞ。素直に謝るか?

 それとも逃げてしまうか?」

寛「…??お前、何を言うとんじゃ?

 誰ぞ来とるんか?」

寛治はキョロキョロしたり、目を細めて遠くを見据えるようにしているが、どうやらその女はわしにしか見えんかったらしい。

とうとう女の顔が判別できるくらいの距離に近づいてきた。

…おかしい。

そこで明らかに異形のモノだと分かった。

まず何よりおかしかったのが、女の目だ。

蛇の目だった。

小さな目が左右に離れて配置され、あの爬虫類独特の、ナイフの刺し傷のような、縦に細く閉じた瞳孔をしていた。

鼻は細く、口も小さい、全体的にほっそりした姿態をしている。

わしは、蛇に睨まれた蛙のように、その場で固まってしまった。

寛「おい、どうしたんじゃ?

 はよ帰ろうな。」

寛治の声が、何だかえらく遠くに感じる。

女は、その蛇の目をパチパチさせると、急に細長い手足を…あり得ない方向に曲げだした。

まるで糸の切れた操り人形のように、はたまたゴム人形のように、ぐにゃぐにゃと、でたらめに関節を曲げるのだ。

更に最も不気味だったのは、女が首を横に傾けたかと思うと、そのままどんどん曲げ続けて、ついには胸の前で頭をまるっきり逆さまにしたことだ。

完全に人体の理を無視した体勢だ。

わしは悲鳴こそあげなかったものの、全身の血の気がスーッと消えて震えが止まらなかった。

女はわしのその反応を確認するかのように、ニタニタ笑って、その逆さまの顔でわしを覗き込み(手足がぐにゃぐにゃに曲がって、ちょうど顔の高さが合っていた)、

「お前、見えてるだろ?」

と聞いてきた。

わしは、馬鹿だったから思いっきり首を振って

「見えてない!!」

と涙声で叫んだ。

すると女はますます愉快そうに目を細めて、

「なーんだ、見えてるじゃないか。

 生意気なガキだな。」

 

と言ってきた。

わしはもう足がガクガク震えて、涙でぐちゃぐちゃで、隣で寛治が何か喋ってるが、それも耳に届かないような状態で

「ごめんなさい…。

 ごめんなさい…。」

と目をつぶって謝った。

すると、女はわしの目と鼻の先でガクガクと全身を震わせて、元の人の佇まいに戻り、ニターっと楽しそうに笑って

「お前、今夜迎えに行くから待っとれ。」

と、わしの左手を撫でながら言ってきたのだ。

そしてゆらーっと踵を返すと、鳥居の方に戻って行ってしまった。

わしは、大ベソかきながら急いで寛治と山を下り、畑で作業している家族にこのことを話した。

父と母は、わしの話を聞くそばから、みるみる顔が青くなっていき、すぐに神社の神主様が家に呼ばれた。

ごめんなさい、続きます

怖い話投稿:ホラーテラー 海星さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5150
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ