短編2
  • 表示切替
  • 使い方

手作りの絵本

先日、保育所の時にお世話になった先生と再会しました。

八年も経ったのに、その先生は昔と変わらずとても綺麗でした。

今から紹介するのは、その先生から聞いた、ある男の子の話です。

その男の子は親の迎えが遅く、いつも夜遅くまで保育所にいることが多かったそうです。

男の子はその時間を、たいていは絵を描いて過ごしていました。

先生は男の子がいつも無心にクレヨンを走らせているのを見て、微笑ましく思っていたそうです。

ある時先生が男の子に尋ねました。

「何描いてるの?」

男の子が見せてくれたのは、一冊の絵本でした。

型紙に描いた、手作りの絵本。丁寧に表紙まで付いています。

先生は最初感心していましたが、読み進めていくうちに戦慄しました。

その絵本は大体こんなあらすじです。

男の子(あるいは女の子)の「ゆう」は、家族でピクニックに出かけます。

しかし「おとうさん」と「おかあさん」は言い争いを始め、「おとうさん」は「おかあさん」を殺してしまいます。

「ゆう」は「おとうさん」に言われるまま、「おかあさん」を埋めるのを手伝います。

「ゆう」は「おとうさん」に怒りを覚え(その経緯は記されていない)、「おとうさん」を殺します。

一応バッドエンドに分類されるストーリーですが、文の最後は「めでたしめでたし」で締めくくられていたそうです。

先生はその時の事を、今でも鮮明に覚えている、と話していました。

それからしばらく雑談をした後、僕たちはそれぞれ家路に着きました。

先生は最後まで気づかなかったみたいですが、僕がその絵本を描いた男の子です。

多分他の子と勘違いしていたのでしょう。

まるで他人の話をするように、僕にその時の状況を話すので、正直どう対応していいか困りました。

当時は親や先生の間で話題になったらしく、いろんな人に注意を受けたのを朧ろげに覚えています。

家に帰り、幾つかの引き出しを調べるとその絵本はありました。

今ではどうしてこんな絵本を描いたのか、僕自身分かりません。

小さい頃の記憶は、思い出せないことの方が多いです。

怖い話投稿:ホラーテラー 聖仕官さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ