短編1
  • 表示切替
  • 使い方

もう退院できません

一人暮らしの僕が家に帰ると消したはずのテレビが着いていた。おかしいなと思いながらも 上着をハンガーにかけていると屋根の方から何かを叩くおとがした

カラスでもいるのかなぁとその時は気にしていなかったが、深夜になってもその音は鳴り止まなかった。

不意にトイレの方を見てみるとドアの隙間から白い顔が覗いていた

あぁもう寂しくないんだと安心した

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
17100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ