中編4
  • 表示切替
  • 使い方

都会の恐怖

十数年前の話になりますが、私が実体験した出来事です。

幽霊や心霊関係ではありませんので、あしからず・・・

北海道出身の私は高校卒業後、就職の関係で東京都内に引っ越しする事になりました。

初めての都会という事で、両親から様々な注意を受けた事が未だに印象に残っています。

某都内に引っ越しをして、初の都会暮らしに不安と期待に満ち溢れていました。

仕事もやさしい方ばかりで順調に進み、何より遊ぶ場所の多さ、夜遊びの楽しさ等「やはり都会はいいなあ」と実感しておりました。

仕事を始め3カ月ぐらい経過した7月頃「これから嫌な時期になるなぁ」と先輩社員が言いました。

「俺も北海道出身だから分かるけど、関東の夏はきついぞ」と言われ「何がきついんですか?」と質問すると「暑さはもちろんだけど、湿度が全く違う。

体にまとわりつくような暑さって感じ、それからやっぱりゴキブリ、ムカデかな・・」

北海道出身の方なら分かると思いますが、北海道にはゴキブリもムカデもいません。

(いるのかも知れませんが私は見た事がありませんでした)

「初めて見た時はビビった」と言われ、まだ何も体験していない私は「そうなんですか・・」と軽く考えていました。

日に日に暑さも湿度も上昇し先輩が言っていた事を理解出来てきました。

まさにまとわりつく様な暑さ、夜中に暑さで何度も目が覚め、エアコンを最大に効かせて寝ると朝は体が非常にダルイ・・・そんな日が続き

調子が悪い日が当たり前の状態になりました。

「慣れるしかない」私の中でも諦めの結論でした。

休日に入り、昼過ぎに起きた時です。

体を起こすと目の前の壁に黒い物体が動かず張り付いていました。

一瞬「何だ?」と思いましたが「ああ、これがゴキブリか」とそこで人生初のゴキと遭遇です。

もともと田舎出身だった私は虫関係はそれほど怖くは無く、近くにあった雑誌で叩きあっさり駆除する事が出来ました。

アパートは1階で何故か小さな庭?(雑草だらけのスペース)があり、そこに洗濯物を干すのですが、まさに洗濯物を干している最中でした。

少し離れていた場所辺りからカサカサという音がしたのでそこに目を向けると、長い触角をうねうねさせ、体長およそ30㎝以上のムカデ?がそこにいました。

それまでムカデを見た事がなかったのですが、想像を遥かに超す大きさと、一目で危険と分かるその風貌に声も出せず動けなかった事が未だにはっきり覚えています。

次の日に先輩に「昨日ゴキブリとムカデを初めて見ました」と言うと「おお、ようやく見たかwwゴキブリはきついよなぁ」「いや、ゴキブリはあっさり駆除出来たんですが、ムカデが・・・」

と返すと「ムカデは刺すから気をつけろよ、俺も刺された事あるから」「えええ!?あれに刺されたんですか?刺された場合、何処に行けばいいんですか?病院?保健所ですか?」とかなりテンパって聞きました。

先輩は、はぁ?という顔をしながら「ムカデに刺されて病院行く奴はいないだろwwお前どんだけビビリなんだよw」と返され時、同期の社員が横から「俺も昨日、風呂場にムカデ居てびびりましたよ」と加わってきました。

「風呂場!?そんな所にもでるの!?どうすんだよあんな密室で遭遇したら・・」と聞くと「いや排水溝に流したw」「いやいや流れねーだろ!!あんなの。

というよりシャワーとかの水圧じゃビクともしないだろ。

」「だったら、何かで潰せば?」「何かって?バットとか?包丁で切れんのか?」「お前どんだけビビってんの?」先輩と全く同じ事を言われました。

私が必死にその大きさや恐怖感を話しても「ジャングルでもあるまいし、そんなの日本に居るわけないだろ、ちっちゃい蛇とかだったんじゃないの?」と全く信じて貰えませんでした。

それから私は「またあれに遭ったらどうしよう・・風呂にいたら・・・」という事が頭から離れず、自宅に戻っても常に緊張しながら、ろくに眠れない日が続きました。

数日後、近所に5~6人程の作業着を着た集団が何かを探しているようにウロウロしていました。

私が「何かあったんですか?」と聞くと「実はこの辺りでペットというか、コレクションとして飼っていた昆虫類が逃げまして、その捜索をしているんです」と言われましたが、何で昆虫ぐらいで5~6人?しかも結構な装備だし・・と疑問に思ったので、「何が逃げたんですか?」と尋ねると「ムカデやクモ、トカゲ等・・全部で5匹、しかも中には毒を持っているモノもいるので、十分に注意してください」と言われました。

数時間後にはパトカーも「この周辺で毒性を持つ爬虫類、昆虫類が・・・」という放送を流しながら地域住民に知らせていました。

後日新聞やテレビにも放送され、その時初めて詳細を知ったのですが、一人住まいの男性がコレクションしていたペット(毒性のあるもの、ないもの数百種類)が何かの拍子でカゴが壊れ数匹が逃げだしたという事で、もちろん無許可で違法なのでその男性は逮捕され、逃げ出した数匹も全て回収したという内容でした。

先輩もその事件を知り「お前見たってムカデあれだったんだな・・俺なら気絶するわw」

って笑ってました・・・

暫くして本物?のムカデを部屋で発見しましたが、何故か可愛く見えてチリトリで外ににがしました・・・

都会には色んな人がいるんだなぁと非常に勉強になった初の出来事でした。

長文、駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

ちなみにその巨大ムカデは世界昆虫バトル?に出ていたムカデにそっくりでした・・・

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
35700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ