深夜にホラー映画を観ていると…

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

深夜にホラー映画を観ていると…

これは僕が友達とこの夏休みに

体験した話です。

あまり怖くないと思うかもしれませんし

しっかりとしたオチはないので

すみませんがご理解の上

読んでください。

僕は高校3年生。

受験勉強のため夏休みも毎日

予備校の日々でした。

そんな日々に一息いれるため

同じ高校で同じ予備校の友達Mの家に

泊まりで遊びに行くことにしました。

人数は全員で6人。

その内2人(DとY)は予備校があるため

夜から合流する形で僕たちは先に

4人(M.A.S.僕)で買い出しに

行こうということになり

晩ご飯の材料を買いに夕方頃

M家の近くのスーパーに

買い出しに行きました。

するとたまたまOからMに電話が

かかってきました。

Oはこの日に引退試合が

あったのですがダメもとで

「泊まりに来ないか?」

と聞くとOは二つ返事で了承。

スーパーから戻りMの家で

テレビを見ながらOが来るのを

待っていました。

(ちなみにそのときは耳をすませば

を放送していました。)

しばらくしてOが合流しましたが

予備校に行っている2人が

まだだったので晩ご飯を食べずに

2人が来るのを待ちました。

2人が来た時間は夜の11時頃。

Oが加わったので全員で

7人でした。

遅い晩ご飯を食べ

夜もふけてくると高校生モードに

ちょうど誕生日を迎え

18歳になっていたDがいたので

「今からTSUTAYAにDVD借りに

行こうぜ!」

という意見で一致しました。

ただし僕はそんなものよりも

ホラーが観たかったので

ホラー系も借りるという条件で。

日付も変わりそうな時間

みんなで近くのTSUTAYAに行き

DVDを借りました。

借りたホラーはありきたりな呪怨。

帰ってまず呪怨を観ることに

しました。

時間は深夜1時過ぎ…

雰囲気を出すため部屋の電気を

消して観ていました。

怖い場面になるとみんな

わいわい言いながら

それでも少しずつ内容に

引き込まれみんな怖がっていました。

半分ほど見終えた頃。

時刻は深夜2時前。

Mの携帯に電話がかかって来ました。

3コールくらいで切れ

確認すると非通知から。

みんなが

「ほんまタイミング悪いねん」

と言って笑っていました。

するとまたすぐに着信コールが

今度はDの携帯でした。

しかもまた非通知から

「おいおい…」

みんなが少し焦りだして

「とりあえず電気をつけよう」

という声で電気をつけました。

するとSが

「…俺にも来た」

と言い、携帯を見せました。

携帯はバイブで震え

表示ば非通知着信゙でした。

とりあえずDVDも出そうと

AがDVDを出しました。

「誰かイタズラでやってるんと

ちゃうよな?」

とAがみんなに聞くも

全員が違うと首を横に振りました。

「今言ったらみんな許すし

ほんまにイタズラでやってたら

許さへんで?」

と言い放ちましたが

誰も反応しません。

するとまた着信コールが

また非通知着信。今度はOでした。

かかってきていない僕を含めた

3人が慌て始めました。

7人の誰かのイタズラという

線もみんなで考えました。

しかし、出来るはずがないのです。

この7人は常に一緒に

いるという訳ではなく

゙友達の友達゙という風に

顔は知ってるけどメアドまでは

知らない。

ましてや電話番号を知っているような

仲ではない程度の人が

誰から見ても何人か混じっている

7人だったからです。

泊まることを言った他の誰かの

イタズラというのも考えましたが

Oは当日。ほんの5・6時間前に

参加が決まったので電話をかけられる

はずがありません。

僕とAとYは怖くなりました。

AとYは設定を非通知拒否に

変えましたが

「僕は本当にかかってくるのか?」

という疑いも少しあり

何もしませんでした。

すると僕の携帯が震えました。

やっぱり非通知。

これで拒否をしている2人以外

全員にかかってきました。

みんな携帯を持っているのも

怖くなり置いている状態でした。

するとまた着信音が

Mでした。

しかしさっきの着信音と違います。

なにか水滴が水に落ちるような

着信音に変わっていたのです。

Mはひどく狼狽して

その着信音があるのかデータフォルダを

懸命に探しました。

幸運にもあったのですが

Aが試しにMに非通知で

電話をかけたところ

1回目と同じ着信音。

さっきの水の音とは違う

登録しているメロディーが

流れました。

もうこのときみんなは

何がなんだか分からず

ただ携帯が鳴らないのを

祈ってました。

しかし、そんな祈りも虚しく

またMの携帯が鳴りました。

今度はちゃんと登録していた音です。

みんなが今度は普通の音か

と思っていると

Mが「何で…?」と言葉を漏らしました。

Mは必死に

「俺さっきマナーモードにしたのに

何で音がなるん!?」

と声を荒げました。

またすぐにAが非通知でかけると

バイブ音が響きました。

みんなはもう沈黙状態。

少しでも気が紛れるよう

深夜アニメにチャンネルを

変えてしばらく様子を見ていると

非通知着信の嵐は落ち着いたようで

かかってこなくなりました。

一体あの電話は何だったの

でしょうか。

みなさんも深夜のホラーは

控えた方がいいかもしれませんね。

それでは駄文を終わりたいと

思います。

ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 猛勉強中の高校生さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
33900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ