短編2
  • 表示切替
  • 使い方

角じい(かどじい)

私は今、比較的小さなパチンコ店で店長をしています。

10年勤めたこの店で起きた不思議な出来事を投稿させて頂きます。

文中、専門的な言葉や、パチンコをされない方には分からない表現が出てきますが、ご了承下さい。

これは私が入店3年目くらい、主任をしてた時の出来事。

パチンコ店には必ず常連さんがいる。

その常連さんの1人

「角じい」の話し。

名前の由来は、スタッフ仲間が付けたあだ名なんだが、そのお爺さん、なぜか海○語の角台、306番台にしか座らない。

5年間、定休日以外10時から18時、毎日フル出勤だそうだ。年齢は80歳は越えてると思われる。

角じいの座るその台は正面玄関の自動ドアを入ると1番に目に入る場所。

入店した常連客は、角じいに一声かけていつも笑顔で話してた。

そんな場所が一番心地良かったのだと思う。

スタッフの間でも可愛い見た目(ツルツル頭)と愛嬌のある笑顔でみんなに親しまれてた。

私も大好きだった。

正直、心配もあった。

役職だった手前、海○語の306番台の差玉を見れば1ヶ月、角じいが店に落としていく金額は検討がついた。

スタッフの給料が2、3人分は、あったと思う。

自分の中で、どこかの大富豪だと割り切っていたが、毎日自転車出勤だったんで少しの不安はあったかな。

規則的に流れていく日常、事件は突然やってきた。

忘れもしない。店一番のイベントの日、時間はスタッフが早番から遅番にかわる17時。

角じいが倒れた。

スタッフ、常連客が駆け寄る。

…意識がない。インカムで事務所に救急車を要請し、まもなく救急車が到着する。

運ばれていく角じいは、まだ意識がない。

顔面蒼白で命に関わる事だとすぐにわかった。

会員カードがら住所、電話番号がわかった為、ご家族に連絡した。

その日は終日、憂鬱だったのを覚えている。

私が経験した不思議な出来事は深夜に起こった。

閉店作業も終わりスタッフが帰宅した後私は店長と2人でホールに残り、イベント台の釘調整をしていた。

ある程度、釘も叩き終え、店長と角じいの事を話してたと思う。

その時……「ガシャガシャ」

パチンコ玉がぶつかり合う音が聞こえた。

その瞬間いつも聞き慣れた海○語の回転音が鳴り響いた。

すいません。携帯からですので区切ります。

怖い話投稿:ホラーテラー そらっぺさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ