短編1
  • 表示切替
  • 使い方

刹那

僕はサイボーグ

奥歯に加速装置が仕込まれています

でも学校の皆にも誰にも秘密です

そんな事が知れたら普通の生活が出来なくなるからです

だから今まで装置を使うことはありませんでした

でも、この前初めて

小さな子供が車にひかれそうだったので、奥歯を噛み締め機能を最大限稼動させてみました

僕の身体は音速を超えました

車が接触する前に僕の手の中に子供がいるはずだったのに

触れた瞬間小さな体は吹き飛んでしまいました

僕は

ああ ヒトの一生って儚いなあ

と思いました

おわり

怖い話投稿:ホラーテラー ジロウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ