短編2
  • 表示切替
  • 使い方

見ちゃった…

これは私が2年前に体験した話です。

 

 

あれは7月の中旬のこと。

 

仕事が終わって,私は帰りの地下鉄を待っていました。

 

((はぁ…。今日も忙しかったなぁ…

お母さんにご飯作っといてってメールしちゃお!!))

 

私は当時,実家にいたため母に甘えていました。

 

メールを送って携帯を鞄に戻そうとしたとき…

後ろから冷たい空気が流れてきたんです。

 

((冷房の風向きが変わったのかなぁ??))

 

そんなことを考えていたら,私の隣に人が並びました。

 

((………え??))

 

その人は黒いマントを頭から被っていました。

靴も真っ黒で,とにかく全身が黒かったんです!!

 

夏に似つかわしい格好をしていたので,あまりにも浮いていました。

 

しかし…

周りの人は全然気にもとめません。

 

まるで………

 

見えていないかのように……

 

 

 

どうしても腑に落ちない私は,横目でチラチラ見ていました。

 

しばらくして…

 

((この人……どんな顔してるんだろ…))

 

という興味が湧いてきました。

 

 

プァ――――――

 

 

同時に電車がホームに入ってきたので,電車に乗るときに先に入って顔を見ようとしました。

 

ガ―――……

 

扉が開き,サッと入ろうとしたら……

 

 

 

 

………見ちゃったんです……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の奥が光っている骸骨を………

 

 

 

見た瞬間…

その骸骨は下に引きずり込まれるように,電車とホームの間を落ちていきました。

 

 

これは本当にあった話です。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ