短編1
  • 表示切替
  • 使い方

宅配便

この話はお母さんから聞きました。

怖くないと思うし、幽霊系の話ではない。

ごめんなさい。

昔、お母さんが住んでたマンションで起こった出来事。

その時、お母さんとお父さんはまだ離婚していなかった。

今はもうお父さんはいないけど、ね。

共働きじゃなかったらしく、お母さんは毎日家でご飯作ったり、洗濯したり。

毎朝お父さんを送り、また毎日の繰り返し。

だがその日は1つ不可解なことが起きたらしい。

お昼。

お母さんは自分の昼御飯、そしてまだ赤ん坊だった私のご飯を作っていると、

ピンポーン。

家の呼び鈴が鳴った。

誰だろう、?

お母さんは玄関に向かい、扉の除きあなを見た。

男性だった。

深くキャップをかぶり、ポケットに手を入れ、手は何か出したげな感じ。

すると、男はこういったらしい。

「宅配便でーす」

お母さんは冷静に考えた。

明らかにおかしい。

おかしい所はいっぱいある。

宅配便でーす。

まず荷物がないんです。

格好が明らかに違うんです。

お母さんは普通の人じゃないととっさに思い、何も声を出さず、ただ男が帰るのを待つ…。

下手に声をだしてなにかされたらマジで困る。

こっちには赤ん坊だっているのに。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ