短編1
  • 表示切替
  • 使い方

クリスマス

今日はクリスマス。

町の子供達は満面の笑みで大きなプレゼントを持っている。

そんな日に、ある兄弟は余り喜んでいなかった

弟は7歳ほど。兄は9歳ほどで、顔はあまり似ていない。

『なんでだよ!!! なんでお前はそれだけなんだ!?』

兄が弟に怒鳴っている

兄はクリスマスプレゼントに欲しかった自転車と 今人気のゲーム

それにパソコンまで買ってくれた

しかし 弟は小さなミニカー1つ

確かに 兄と弟で貰う物は少し差があるのはよくある事だ しかし

これでは 余りにも弟が可哀相だ

『僕はこれで良いんだよ…』

弟が俯いて言う

『それは いくらなんでも酷い!』

『良いんだ 僕は』

『お前はそれで良いのかよ!!!!!家はそんな貧乏な方じゃない!!』

『……だって』

弟が重い口を開いた

『だって僕、ガンじゃないもん』

怖い話投稿:ホラーテラー 咲さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ