短編1
  • 表示切替
  • 使い方

踏切の向こう側

これは母の友人が実際に体験した話です。

夜遅く帰宅途中のこと、踏切の前で電車が通るのを待っていました。

すると向こう側に白い服を着た一見普通の女性が、1人。

…しかし、すぐに

「あの人この世の人じゃない。」

と何故か分かったそうです。

そうこうしている内に遮断機が上がり、気にせず渡ろうとしたら当然相手も踏切を渡って来ました。

そしてすれ違い様…

「よく分かったわね。」

と、低い声で一言呟いていなくなったそうです。

その後何もなかったのですが、後味の悪い出来事だったと話てくれました。

もしも踏切の向こう側にいる女性に違和感を感じたら、皆さんも気を付けた方がいいかもしれません…

向こうにも自分が見えている人間が分かるのでしょうか?

私は踏切の向こうに一人の女性がいると、思い出してドキッとしてしまいます。

怖い話投稿:ホラーテラー Jessicaさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1320
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ