短編1
  • 表示切替
  • 使い方

公衆電話

今から二十年程前、私が中学生の頃の話。

親と喧嘩して家出をした時の事でした。

フラフラと夜の町を当てもなく歩いてたんですが、お金も殆んど無く歩き疲れたので、友達に電話しようと公衆電話を探しました。

あの当時は携帯なんてなかったので(^^;)

ちょうど隣町の中学校の前に公衆電話を見つけて、受話器を取って耳に付け10円を入れようとした時、受話器から年配の女の人の声が聞こえたのです。

ダイヤルも何も10円も入れてないのに何処かに繋がっている?

恐る恐る耳を傾けると抑揚の無い声で

「次はおまえかい?」

と話し出したのです。

何を言われてるわからないまま、すぐさま受話器を下ろし、走って家に帰りました。

切れてる電話がなぜ繋がってたのか?

今でもその声はテープなどではなく生の声であったと確信が持てます。

あの時の声は何だったんだろう?

何処に繋がってたんだろう?

関係あるかはわかりませんが、その少し前、私の同級生が同じように夜に家を出たまま帰らなかったことがありました。

あれに答えていたら?

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6510
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ