短編2
  • 表示切替
  • 使い方

蠢くやつら

早く冬が来てほしい...私と同じ寮に入寮してる人間は、皆そう思ってるでしょう。何故なら、5月ぐらいになると、寮から会社に向かう通勤路に、毎年のように奴等が湧いて出てくるかのように地面を這っているからです。

奴等は、木の枝や葉からツララのようにぶら下がってて、通りすがる寮生達に、容赦なく降り掛かる日もあります。奴等とは、ヤマビルの群れであります。私の寮や会社内では、毎日のように流血した従業員が目撃され、もう流血には免疫がついたみたいで。

こんな私でも、車が故障して自転車通勤した時に遭遇したあの恐怖だけは、一生忘れられません。会社に到着するなり、上司から首筋に二匹着いてるぞと指摘され、タバコを押し付けたら、奴はドバッと血を戻しやがった。

何か両足がムズ痒かったのと、ジーパンに染みが点々と付着してたので、恐る恐るジーパンを捲ってみると....両足に計7匹も付着してました。その殆んどが、私の血を存分に吸って、パンパンに膨張してました。

もう奴等が剥がれ落ちるまで待ちきれず、一匹ずつタバコを押し当てては、血を吐きながら剥がれ落ちる姿を見てる時、それはもう、狂気の沙汰以外に何ものでも無かったです。全部剥がした私の足からは、まるで大ケガをしたみたいな流血が...首筋二ヶ所からの出血も止まらない、両足からの出血なんか、靴下が真っ赤に染まるぐらい出続けてました。

床を見ると、のたうち回る奴等がウネウネしてたので、怒りの意味を込めてチャッカマンでトドメを食らわせました。

さすがにこんな血塗れ状態では仕事もままならないので、その日は寮に戻りました。

帰り際に、両腕五ヶ所、オデコとお腹二ヶ所、奴等に吸着されたのは、処刑した奴等の仕返しだろうか...

もう、血を見るのはたくさんです。

皆さんも、山道を歩く時は、十分用心してくださいね。

下を見たら、棒状に突っ立てて、ウネウネと蠢いて獲物を狙って待ち構えてる、尺取り虫の様な生き物には...

怖い話投稿:ホラーテラー 死霊のはらたいらさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2501
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖いしキモいし…読んでるだけでムズムズします。