短編2
  • 表示切替
  • 使い方

部屋

初めて投稿します。

下手な文お許しを(T_T)

これは確か半年位前に

体験した出来事です!!

あたしの家族は

母.兄.あたしの3人

父とはあたしが小学生

の頃に離婚しました、、、

家は一軒家二階建てで

二階には部屋が3つ

あります。各1人ずつ

個人の部屋があります

兄は夜の仕事をしており

いつも帰りが朝方です

いつものように夜の

11時頃母と「もう寝よう」

と二階に上がり部屋に

入りあたしはなかなか

寝付けず携帯を

いじってたんです

その時は誰もテレビを

見ていないので部屋は

シーン…と静かえり

「もう寝るか」と目を

つぶったんです

その時…!

誰もいない兄の部屋から

赤ちゃんの泣き声と共に

誰かが子守唄を

歌っているんです。

あたしは気味が悪く

なりました。なぜなら

この近くで赤ちゃんが

いる家はなかったから。

そして間近に聞こえる声

あたしは布団に潜り

「早く寝よう早く寝よう」

そう思ったときでした

あたしの部屋に誰かが

いるような気配がして

ちらっ。と辺りを覗くと

クローゼットの中に誰かが

こっちを見ていた

…老婆と幼い赤ちゃん

今までに心霊体験など

なかったあたしは

声も出ずただその2人を

じっと見つめていると

無言のままこっちに向かってきて…

歩き方は片足を引きずり

頭を激しく振り回し

顔は見えませんでしたが

肌が真っ白でした。

赤ちゃんの泣き声が

激しくなる一方で……

そこからは一切

記憶がありません

多分気絶したと思う…

起きた時にはすでに

朝でした。あたしは

この話を母や兄に

話ても全く信じては

くれませんでした。

母は赤ちゃんの泣き声は

聞こえなかったと言い

夢見すぎ!!と笑われて…

ただ唯一その老婆がいた

証拠が…髪の毛が床に

散らばっていたのです

白髪混じりの黒髪が

母に見せたら

そんなもん捨てて!

気持ちわるいから!

と怒られました↓↓

あたしは近くのお寺に

髪をもっていきお塩を

もらい部屋にお塩を

撒いた瞬間なんだか

とても落ち着く?とゆうか「ホッ」と安心する

気持ちになりました!

一体あの老婆と赤ちゃんは何をする為にあたしの目の前に現れたのでしょうか

今でも謎です……

あれから一度も

老婆と赤ちゃんは

あたしの前に

現れないですm(__)m

怖い話投稿:ホラーテラー ・さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ