短編2
  • 表示切替
  • 使い方

Sヤン

Sヤン「もしもし寝てたか?」

深夜2時、不吉な電話だった…。

Sヤンとは中学からの悪友。またヤバい話か?

アタリ…だった。

Sヤン「オレのハイエースをパクろうとした奴捕まえた(笑)」

オレ「もーこんな時間に…そいつどうするん?」

Sヤン「とりあえず動けんように折ってある(笑)」

ん??折ってあるって骨?つーかなんでそんな楽しそうなんや…。

オレ「すぐ行くわ!」

Sヤンちの倉庫までの約2分いろんな事が頭をよぎる。バイオレンスな展開は大歓迎だが、オレもええ加減落ち着く年頃…冷静に興奮するみたいな不思議な感じのまま倉庫に入る。

Sヤン「いらっしゃい(笑)」

オレ「三人かよ!?どーする?金で済ますか?」

Sヤン「ん~こいつらどーせまたやるやろ。」

そう言いながら手前の奴の鼻にトォキックをかます。

手前から小柄で茶髪、今の蹴りで完全に鼻をやられている。真ん中にデブ。奧に外人。三人とも前歯と右手親指を折られていた。

相変わらずやり方が…Sヤンはいつも笑う。悲しい時も嬉しい時もそんでキレた時も笑う。笑いながら暴れる姿はマジでヤバい…

Sヤン「お前らなんか言い残す事ある?」

デブ「こんな事してタダで済むとおもうなよ。オレらのバックには組のがおるからな」

Sヤンはブチ切れた。

Sヤン「R(←オレ)今回は手ぇ出すなよ!」

それから朝日が昇る頃までの3時間くらいは地獄絵図だった。笑いながらひたすら殴る蹴るの暴行、三人とも顔に原型をとどめていない。意識を失うだびに水をかけられ爪を剥がれ…極めつけは丸ノコで指を飛ばした!

オレは何もせずただ朝まで見届けただけだった。

Sヤン「Rもう仕事の時間やろ?朝まで悪かったな。」

オレ「気ぃすんだ?さすがによー止めんかったわ(笑)あいつらオレのハイエースもパクったんかな?」

Sヤン「ほんまや!それ聞いてないな!Rのんパクった奴やったらこのまま死刑にするわ」

オレ「もうええよ!見てるだけでスッキリしたわ!」

Sヤン「次は一緒にやろや(笑)」

そう言ってSヤンは豪快に笑いながら倉庫に入って行った。

デブの言った組のはSヤンの事。ヤザの名前の乱用の悲劇を見た夜だった。ちなみにオレのハイエースはパクってなくて三人は一命を取り留めたみたいだ。

怖い話投稿:ホラーテラー ラーメンマンさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ