短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ハシゴ

これは、私のお父さんの若い頃にあった本当の話です。

お父さんは当時23歳。

親の元を離れて一人暮らししていました。

彼女にも恵まれず、家賃の安いボロアパートでひっそりと暮らしていた父でした。

ある日、

仕事も終わり、夜中の3時ごろだったそうですが、

いつものように家に帰り、いつものように、布団に腰を下ろして、いつものように、テレビを付けました。

しかし、テレビにはノイズがかかっていて、見れなかったそうです。

父はそのテレビをしばらく眺め、ハッと気がついてテレビを消そうとしました。

すると突然ノイズが消えて、画面に古いハシゴが映りました。

しばらく眺めていると、

白いワンピースを着た髪の長い女が後ろを向いて現れて、ハシゴを登り始めました。

父はそれをずっと眺めていましたが、あることに気がついたそうなんです。

「このハシゴは、うちのアパートの非常ハシゴじゃないのか…?」

父は驚きとともに恐怖を覚えました。

(家は4階…こいつ、ココにむかってるのか?)

女はそのまま4階まであがると、そこでハシゴを降りました。

どんどん父の家の玄関に向かってきます。

そして―…

―――ドンドンドンッ!!!

―ドンドンドンッ!!!

女が父の家の玄関を叩きます。

しかしその音は、テレビから聞こえるのではなく、玄関のほうから聞こえてくるのです。

父は叫びました。

「やめてくれ!!!」

しばらくすると音は止みました。

父は一息つくために、(煙草を吸う)窓を開けました。

そこには、さっきの女が逆さまで、ニタッと笑っていたそうです…。

コエ――――――!!!!

読んでくれてありがとーーー!!!

今、学校から打ってマース♡

コメまってるよン♡

怖い話投稿:ホラーテラー 丸目さんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ