短編1
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊日常茶飯事

ドンッ

(またか)

昌がすむ家には、引っ越して来た時から怪奇現象が、ここ、幾度となく起こっていた。

テレビが勝手に付いたり、食器棚がいきなり揺れ始めたり。

昌は幼い頃から霊感が強かったため幽霊には慣れていた。

しかし、そんな昌でさえ世にも恐ろしい出来事が招かれた。

いつものように家に帰った昌は、様子がおかしい事に気が付いた。

(あれ?。こんな人形あったっけ?)

薄気味悪い日本人形が玄関先に置かれていた。

「あの世逝き」

と書かれた紙が郵便受けに入っていた。

(なんたよこれ・・・ふざけんなよ)

昌は人形を捨て紙も破り、捨てた。

(なんたよ。いたずらにしたら、たちが悪すぎる。)

怒った昌。

次の瞬間、

窓から首だけの男がこちらを見ている

うわぁぁぁぁぁ

霊感の強い昌さえ悲鳴をあげる程グロテスクな霊だった。

昌は裏の窓から逃げ出した。

耳元で

『待て、殺してやる』

必死に逃げた。

途端に人が通り掛かった

『すいませーん』

昌は叫んだ。

うわぁぁぁぁぁ

片手に生首を持った日本人形だった。

昌は叫ぶ

『誰かー』

そして、

キキーッドンッ

車に跳ねられた。

そして、重度の後遺症が残り、脳障害になってしまった。

寝たきりの植物人間になった。

今、昌はその男の霊に毎晩うなされているらしい

怖い話投稿:ホラーテラー BーSさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ