中編3
  • 表示切替
  • 使い方

招く少女 (Copy and Paste)

ある夏の日の出来事

後輩のT助は友人の男性A太・B男・B男の彼女のC子・C子の友人のD美の5人でドライブをしていた。

C子の運転する車にT助とB男が乗りD美の車にA太が乗っていた。

時間は日が変わろうとする頃合い、じとっと生ぬるい空気が漂う新月の夜。

彼らは愛知の○○スカイラインを走らせながら夜景でも見ようということになった. まず、○○スカイラインに行く直前のコンビニでお菓子や飲み物を購入し、のんびりドライブを楽しんでいた.

車はスイスイと山を走って行く…

だんだんと山の奥に入っていった

車は前方にD美の車、後方にC子という編成だった

A太とD美は霊感というものが全くない。しかし、T助とB男はかなりの霊感の持ち主である。

しばらく車を走らせていると大きなトンネルさしかかった

異常なほど大きなトンネル、明かりもなく延々と漆黒の闇が続くように感じた. するとトンネルの入り口前あたりで前方のD美の車が緩やかに減速し停車した

C子「あれっ、どうしたんやろぉ?」

少し静かになっていたT助とB男

T助「空気が重い…な…」

B男「そだね…、ちょっとA太に電話するわ」と言い電話をかける

B男「A太どうした?」

A太「いやっ、なんかD美が勝手にとめたんよ」

D美は前を見つめたまま動かない

B男「D美の様子はどんなんなの?」

A太「なんか前ずっと見つめてるけど……あれっ?」

B男「どうした!?」

A太「トンネルの中になんか白い影みたいのがいる…」

D美「A太にも見えるんだ…」

このとき、T助とB男はいままで経験したことのないほどの寒気を感じていた

危険を感じたT助とB男は前方の車に駆け寄った

そしてトンネルの中を見た

すると、霊感の強い彼らにはA太が見た白い影の正体をはっきりみてしまった

それはうつむきながら手招きをする小さな少女

T助「ヤバい!早く逃げるぞ!!D美、車をだせ」

しかし、D美は微動だにしない

A太がハンドルを握るD美の腕をつかむと信じられないほど腕を冷たい.

そして、腕が全く動かない

D美も自身の意思では動かせないという

大人の男二人が全力で腕を引っ張り、ようやくハンドルをはなした

どこか虚ろなD美を助手席に移し、A太が後部座席に座り、T助が運転席に乗り込んだ!

そして、一目散に2台の車は行きによったコンビニまで車を走らせた

コンビニに着き、しばらくジッとしてから皆で話をした

大きなトンネルの中に明らかにこの世のものでないもの見てしまったこと、すごく危ない感覚を体験したことを…

T助「今日はみんなもう帰ろう。ちゃんと塩ふっときや」

そうして、帰路に着いた

次の日

T助「なぁA太いま何してる?」

A太「なぁんもしてないよぉ」

T助「ホンマか!?ならいまから昨日の場所にもう一回行こうよ!」

A太「はぁ、なんでだよ!!嫌に決まってんじゃん」

T助「お願い!なんか昨日は負けた感じで悔しいんよ。昼間やし大丈夫だって!お願い!!」

T助に圧されるがまましぶしぶA太は了解し、昨日の場所に向かった

T助「もうすぐやなぁ」

A太「そだね……そろそろトンネルらへんに…」

……

!!!!!

二人は驚愕した

こんなはずはないと互いに目を合わせた

T助「………ない……トンネルが…」

互い確認しながら行った、周りの光景も変わらない、ただそこにあるべきはずのトンネルがない

呆気にとられているとT助はあることに気づく

昨日の少女がトンネルがあったはずの岩壁の側にいる

ただ違っている部分がある

それは彼女がすごい形相で睨みながら手招きしていたこと

T助曰く、もしあのままトンネルの中に入っていたら岩壁にぶつかって死んでたかもしれないと…

もともと霊感のなかったA太とD美だったがT助といたことで何らかの影響を受けて、

感じやすくなったぶんトンネルの違和感に気がつくことができ助かったようでした。

これは僕が聞いた彼の体験談の中でダントツ怖かった話です。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名ARGENTINOさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ