中編4
  • 表示切替
  • 使い方

消滅

つい最近あったことがきっかけで思い出した話をさせてください。

乱文ですみません…。

私が中学2年生だった頃の話です。

当時私は1組で、6組に仲良しのMがいました。

Mとは1年生のとき同じクラスだったのですが、

2年に上がるときにクラスが離れ、しかも私の教室が2階でMの教室が3階と離れてしまいました。

夏休み前まではよく遊びに行ったりしていたのですが、だんだんクラスにも慣れ仲の良い子もできたので

遊びに行く回数は日に日に少なくなり、ついにはあまり会わなくなりました。

私が遊びに行かなかった日は向こうから顔を出していたMもいつのまにか来なくなり、きっと仲良しな子ができたのだろうなと私は思っていました。

それからある日、私は立て続けに体に悪いところが見つかって手術のために3か月ほど入院することになりました。

退院明け初日に、病み上がりで学校の感覚がなくなってしまったこともあり、忘れ物をしてしまった私は久しぶりにMに会いに行くついでに借りようと思い立ちました。

そしてMの教室に行きましたが、Mが見当たりません。

仕方がないのでクラスの子にMはどこにいるのかを聞きました。

するとその子はにこやかな顔で「そんな子知らないよ?」と言いました。

私は耳を疑いました。

もう一度フルネームでMの居場所を聞きましたが、

「だからそんな子うちのクラスにはいないって」と今度は真顔で言われました。

あまりにも鋭い彼女の目つきに圧倒されて、私はしぶしぶ教室に戻りました。

何かおかしいと思い、同じクラスの友達に尋ねると、教室の空気が一気に変わった気がしました。

友達は突然にこやかになり、Mの名前を聞いた子は皆私の方をばっと振り返るのです。

異様と言う言葉がぴったりなほど教室の皆の様子が変でした。

誰に聞いてもそんな子知らないと言うので、狐につままれた気分でした。

Mに何があったのか、それともMなんてもともといなかったのか…。

しばらく気になってはいましたが、人の感情というのは変わり行くもので、時間が経つにつれてMのことは忘れていきました。

その後私は中学を無事卒業して、近所の県立高校に進学し、今に至ります。

そしてつい最近、高校の友達と自分の出身の中学の話になったとき、とても気になる話を聞いたのです。

その子の話によると、23年前に私の中学校で数人の女子生徒が教室である怖い遊びをしたのだとか。

その遊びの内容までは知りませんが、きっとこっくりさんのような遊びだと思います。

その中の1人の女の子があまり良く思われていなかったらしく、おもしろ半分で他の子たちが遊びの途中で教室に1人閉じ込めたらしいのです。

女の子はしばらく泣き叫んでいたらしいのですが、突然泣き叫ぶ声がぴたりと止んだとか。

さすがに心配になって中を覗いてみると、その女の子は忽然と消えていたらしいのです。

結局女の子は教室中も学校中も、いくら探しても見つかりませんでした。

それからしばらく学校中その話題で持ち切りになったらしいのですが、それと同時にどこからか女の子の泣き叫ぶ声が聞こえるようになったらしいです。

また、話を大きくした人などに何かしらの災難がふりかかったとか。

おもしがって話を広げた子が車にひかれて大怪我をしたり、女の子を閉じ込めた子の一人は田んぼに自転車ごと落ちて、窒息しかけたりしたらしいです。

そんなことが立て続けに起きたので、皆その話をすることももちろん、女の子の存在さえ恐れるようになったらしいです。

噂話をしなくなったとたん、不思議な現象はぴたりと止まったそうです。

しかし誰かがその話をすれば、その子の存在を肯定するようなことを言えば、何かしらが起こるとか。

私はぞっとしました。

実は私がMに会いに行ったあの日、Mのクラスの女の子が体育の授業中に倒立に失敗して病院に運ばれたんです。

無事でしたが。

もしかしたらこの話は、私が入院している間に起きたことなのではないかと思わざるをえません。

この話を聞いた日、何かが起こったのかはどうかは分かっていません。

もうこの話はするべきじゃないのかもしれない。

でもどうしても話したかったので、投稿させていただきました。

私はMと仲が良かったので、存在自体を否定されているMが気の毒でなりません。

確かにMは存在していたのに、と思ってしまいます。

この話は私の住む地域ではできない。

ですので皆さんにMの存在を知っていただきました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ