短編1
  • 表示切替
  • 使い方

父の話し

ある日 父がとても深刻そうに話してくれた話しだ

父は残業で帰りが遅くなった。

やっと駅に着き自転車置場に向かった。

自転車のキーを出し 差し込もうとした瞬間

聞き慣れない音が聞こえた

シャリシャリシャリッと

まるでフォークを素早く擦り合わせているような音

父は不思議に思い自分のいる道路の向こうの歩道に目をやった

車椅子…?

父が言うには乗っている人は良く見えなかったらしいが

明らかにおかしいところがあったスピードだ

早過ぎる あっと言う間に車椅子は暗闇に飲まれて行ったらしい

最近の電動車椅子は速いなと父は軽く考えていた。そして

自転車の鍵を外し、家に帰った。駅から家におよそ5分ほど

家に帰ると水を飲みに下に下りてきた娘(私)がいた

お帰り の言葉にホッとする

そうすると 父の腕時計が鳴った

夜中の3時を知らせた

そこで父はゾッとした

夜中の3時に電動車椅子が猛スピードで走る…

そんな事はあるだろうか

怖い話投稿:ホラーテラー 咲さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1650
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ